えんとつ町のプペル(映画)前売り券の発売日は?公開日はいつかチェック!

映画・ドラマ・テレビ

西野亮廣さんの「えんとつ町のプペル」が映画化することで話題になっていますね。公開日や前売り券について気になりますよね。今回は映画「えんとつ町のプペル」の公開日や前売り券だけではなく、あらすじやキャスト、見どころについても詳しく調査してみました。映画「えんとつ町のプペル」を観に行かれる方もそうでない方も公開前に予習してみてはいかがでしょうか?

えんとつ町のプペル(映画)のあらすじは?

引用:https://omiso.co.jp/

映画「えんとつ町のプペル」のあらすじについてご紹介させていただきます。

煙突だらけの「えんとつ町」ではそこかしこから煙が上がり、あちらこちら煙でモクモクしている。黒い煙に覆われた「えんとつ町」の住人は、4000メートルの崖に囲まれて、海に出ることを禁止されている為、青い空や輝く星を知らない。炭鉱夫のスコップは毎日煙の出ない火薬で穴を掘って進んでという作業を繰り返していました。スコップはお爺ちゃんからこっそり聞いた話を思い出す。

経済が破綻し、町人全員が貧乏人で、盗みや殺しは日常茶飯事の荒れた町があった。人々は、単なる交換手段にすぎなかった”お金”に生活、心を支配され、ついには奪い合いを始めた。

そこで経済学者のジルビオ・レターは、あらゆる物が時間の経過と共に腐り、その価値を下げていくにもかかわらず、”お金”だけが腐らないことを問題視し、いつまでたっても”お金”だけが腐らないものだから、肉よりも魚よりも”お金”を持つ者が力を持ってしまい、”お金”の奪い合いが始まると。

そこでジルビオ・レターがある提案をする。その提案というのが、人の手に渡ってから3ヶ月で腐るように設計された通貨「L」というものだった。

「L」は3ヶ月で腐ってしまうので、貯め込んでいても意味がないということで、人々は積極的に「L」を使うことで経済が回るようになり、そのおかげで失業者が減り、犯罪者が減り、町は大いに賑わいました。ですが、その時代も長くは続かなかったようです。

街にやってきたのは黒い衣を身にまとい、黒い馬にまたがって、肌は真っ青不気味な七人の男たち。男たちは、ジルビオ・レターを取り囲み、「L」の即時廃止命令と、シルビオ・レターの出頭命令が書かれた赤紙を突き出した。

ジルビオ・レターには命を賭けてでも守らなければならない妻と、まだ14歳の息子がいた。その二人を守るために「L」を廃止し、ジルビオ・レターは国民を混乱させたという理由で火あぶりにされ処刑されてしまいます。

それから三日三晩、街の空は黒い煙で覆われ、それを「レターの呪い」と言う者もいれば、「レターの暗示」と言う者もいた。黒い煙で覆われた空の下、息子のカルロス・レターを中心に家族や仲間達が、「L」の復活を誓ったそうです。

彼らは、もう2度と「L」が潰されぬよう、中央銀行の手が届かない土地を求めて長い航海に出た。そして、見つけたのが断崖の島。海から続いた洞窟を抜けるとそこに広がっていたのは、四方を4000メートルの崖に囲まれた、まるで煙突の中のような台地。

彼らは、この地に町を築くことを決め、自分達が乗ってきた船を焼き払い、外との交流を完全に断った。煙を焚いて空を塞ぎ外の世界を無くすことで、中央銀行につながってしまわないように外の世界に出ないようにしていたのです。こうして出来上がったのが、煙突だらけのこの町

そして物語はそれから200年後になります。お爺さんから聞いたこの話はスコップ以外誰もしらないお話でした。ですが、スコップは町の酒場「キャンディ」で酔っ払ってしまい、地位も名誉も知性も品格も無いが勇気はある仕立屋の男に話してしまいます。

ここから物語が進んでいくようですね。映画「えんとつ町のプペル」は原作とは主人公もお話も全く違うようです。ただえんとつ町に住んでる事と、プペルとルビッチがでてくるのは同じのようですが。難しそうなお話ですがとても引き込まれるようなお話のようです。

そして驚く事に映画「えんとつ町のプペル」の制作は9年前から始められていたそうです!西野さんの思いのこもった作品のようです。

えんとつ町のプペル(映画)の原作は?

引用:https://nishino.thebase.in

映画「えんとつ町のプペル」の原作は西野亮廣さんの絵本「えんとつ町のプペル」です。こちらは映画と違いプペルが主人公のお話になっています。

そして西野さんは「絵本『えんとつ町のプペル』はあくまで映画『えんとつ町のプペル』のCMなので、絵本の『えんとつ町のプペル』で描いたのは、全体の5分の1程度」とお話しされています。

そして映画と絵本の主人公が違う理由についても「えんとつ町のプペルの本当の主人公は、ゴミ人間のプペルでも、煙突掃除屋のルビッチでもありません。主人公の物語を描いてしまうと、とてもとても絵本サイズには収まりきらないので、絵本『えんとつ町のプペル』からは主人公を外しました。

『えんとつ町のプペル』の主人公が登場するのは映画『えんとつ町のプペル』です。つまり、絵本と映画ではストーリーが全然違うのです」とお話しになっています。

考え込まれていますね。原作と映画で主人公まで違う作品はなかなかないと思います。絵本の「えんとつ町のプペル」は映画までの通過点だったという事ですね。普通の人では考えつかない発想に驚かされますね。

そして原作の「えんとつ町のプペル」は発売前日に「アメトーーク!」の「スゴイんだぞ!西野さん」で絵本も取り上げられていましたね。ここで知られた方も多かったんじゃないでしょうか?

絵本の「えんとつ町のプペル」でも西野さんの普通の人では考えつかないような事をされています。まず、他の絵本との差別化を図るために初めから「赤字の絵本を作ろう!」という、とても思い切った発想でこの絵本作りを始められています。

さらに無料で個展を開きたいということでクラウドファンティングで支援を募ったところ4637万円が集まり、当初の目標だった1800万円を大幅に超える金額が集まりました。

この個展ではギャラリーのライトを消し、イラストそのものを光らせライトにするという新しい試みもされたようです。とても見応えある個展だったようです。これが無料というのが凄いですよね。

さらに絵本「えんとつ町のプペル」は制作に4年半かかっており、制作には「風景を描くのが得意な人」「星空を描くのが得意な人」「建物を描くのが得意な人」といった人をクラウドソーシングで集め、総勢33名のイラストレーターによる分業制という形で制作されていたようです。

たしかに絵本の表紙は風景や建物が綺麗に描かれていて魅力的な表紙になっていますね。さらに発売当初、Amazonでの絵本・児童書の売れ筋ランキング、本全体の総合ランキングで1位を獲得されるほどの人気っぷりです。

それではここで絵本「えんとつ町のプペル」のあらすじもご紹介させていただきます。4000メートルの崖に囲まれ、えんとつだらけの町がありました。えんとつの煙のせいで青い空も星も見えませんが、町の住人はそんなものがあることすらしりません。

そしてハロウィンのお祭りでえんとつには煙以外にも魔除けの煙が・・・そんな時に夜空をかける配達屋さんが配達中の心臓を落としてしまいますが、煙で何も見えないので心臓がどこへ行ったかわかりません。

なんと心臓はゴミ山に落ちていました。その心臓にゴミがくっついて生まれたゴミ人間。えんとつ掃除屋のルビッチに出会い”ハロウィン・プペル”という名前をつけてもらい、友達になって仲良く遊ぶようになります。

そしてルビッチは、プペルをえんとつの上に連れていき、たった1枚しかない死んだ父親の写真が入ったペンダントをドブ川に落としてしまって見つからないこと、町で唯一の漁師だった父が、空にはたくさんの星があることを教えてくれましたが、町の人は誰も信じず、嘘つき呼ばわりされて死んでしまったことを明かしました。

その後もルビッチとプペルは毎日のように会うようになっていましたが、ルビッチは、汚くて臭いプペルといることで学校でイジメられ、プペルのことを避け、会わなくなってしまいます。この二人の友情はどうなってしまうのか?

というあらすじになっています。この絵本はとても心温まる感動する作品になっています。ですが西野さんは「映画の方が断然面白いですし、僕は映画の脚本を書きながら、大号泣しています」とお話しになっていますので、絵本よりも映画の方が感動する作品になっているようです。

ですが、絵本もとてもいいお話ですので、ぜひ原作の絵本を読んでみてはいかがでしょうか?

えんとつ町のプペル(映画)のキャストは?

引用:https://animeanime.jp/

残念ながらキャストについての発表はまだされていないようです。舞台「えんとつ町のプペル」THE STAGEでは、須賀健太さん、萩谷慧悟さん、宮下雄也さん、尾関陸さん、北乃颯希さん、谷津翼さん、皇希さん、佐久本歩夢さん、町田マリーさん、なだぎ武さんというお笑い芸人さんから声優さんまで幅広いキャスティングということで映画「えんとつ町のプペル」でも幅広いキャスティングになることが期待できそうですね。

しかも西野さんが手がける作品ということで豪華な顔ぶれになるのではないでしょうか。
キャスト発表が楽しみですね!

そして驚きなことに、2020年9月にニューヨークでミュージカル「えんとつ町のプペル」をやるそうなのですが、そこで活動休止されていた小出恵介さんが出演し活動再開されるそうです。驚きですね!ぜひ頑張って華々しい活動再開にしていただきたいですね。

えんとつ町のプペル(映画)の作品情報や公開日はいつ?

引用:http://hinanoto.com/

映画「えんとつ町のプペル」の作品情報や公開日についてご紹介させていただきます。

作品名:えんとつ町のプペル
原作:西野亮廣「えんとつ町のプペル」
制作:2020年制作
配給会社:東宝/吉本興業
監督:廣田裕介
脚本:西野亮廣
制作総指揮:西野亮廣
キャラクターデザイン:福島敦子
アニメーション制作:STUDIO4℃

公開日:2020年12月25日

公開日が12月25日クリスマスだなんてロマンチックですね。クリスマスにふさわしい感動的なストーリーなのかもしれませんね。

そして監督の廣田裕介さんは2015年に「ハーモニー」というアニメ映画で演出・CGI監督を務めています。「ハーモニー」は今回「えんとつ町のプペル」の制作をされたSTUDIO4℃が制作を担当されている作品でもあります。

さらにSTUDIO4℃は「鉄筋コンクリート」や「ベルセルク」「海獣の子供」など有名作品を手がけています。

ここで西野亮廣さんのプロフィールについてもご紹介させていただきます。

西野亮廣プロフィール

引用:https://dailynet366.com

名前:西野亮廣(にしの あきひろ)
生年月日:1980年7月3日
年齢:39歳
身長:173cm
体重:57kg
血液型:O型
出身地:兵庫県
コンビ:キングコング
所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

西野さんはなぜかアンチの多い方ですが、2003年に相方の梶原さんが3ヶ月間失踪した際には、連絡がなくてもずっと待ち続け、さらに梶原さんが謝りに行った際にも梶原さんが「すまん!申し訳なかった!殴ってもええぞ」と土下座すると、西野さんははギターをかき鳴らし、「ええで」と返答されたそうです。

西野さんは殴ることも怒鳴ることもなく梶原さんを温かく迎えてくれたそうです。梶原さんは「こいつ和まそうとしてくれてんねや」と西野さんの優しさに感謝されたそうです。西野さんの嫌われてしまう理由はいろいろあるようですが、とても優しい相方思いの方のようですね。

相方の梶原さんについてはコチラから!
⇒カジサック(梶原雄太)の子供の学校はどこ?名前や年齢何人いるかチェック!

えんとつ町のプペル(映画)の前売り券の発売日は?

引用:https://yumehoshi-kawanishi.localinfo.jp/

公開が12月ですのでまだ前売り券の発売日は発表されていませんでした。通常公開の2~3ヶ月前に前売り券の発売日が発表されるようなので遅くても10月には情報がでると思いますので情報がでるのを気長に待ちましょう!

えんとつ町のプペル(映画)の前売り券の特典はなに?

引用:https://www.youtube.com/

前売り券の発売日も発表されていないので特典についてもまだわかりませんでした。普通の人の考えつかないような発想をお持ちの西野さんですから、なにか他とは違った特典があるのではないかなと思います。

えんとつ町のプペル(映画)のの見どころは?

引用:https://kasahara-labo.com

スコップがお爺さんから聞いたというジルビオ・レターの話がどのように絡んでくるのか、そしてプペルとルビッチの話はどのように練り込まれてくるのか、えんとつ町の外の世界に町のみんなは気づくのかなど、見どころがたくさんありますね。

そして映画の5分の4を削って絵本を作られたとお話しになっていましたので、見どころはもっとたくさんあるような気がしますね。

西野さんが9年前から頑張って作り上げられてきた作品ですので西野さんからしたらすべてが見どころかもしれませんね。そして「えんとつ町のプペル」はあの綺麗でひきこまれるような絵が人気の一つでもありますが、映画ではどのようになるのかも気になるところですね!

映画「えんとつ町のプペル」のキャストやあらすじについて詳しくはコチラから!
⇒えんとつ町のプペル(映画)キャストは豪華?あらすじや原作をチェック!

えんとつ町のプペル(映画)前売り券の発売日は?公開日はいつかチェック!まとめ

「えんとつ町のプペル」の映画化について調査させていただきました。いかがでしたでしょうか?西野さんは「作り手として、表現者として隅っこの方にいるような人間ですが、王者(ディズニー)にはちゃんと挑みたいなという思いがあります。

作品の中でキャラクターたちに「諦めるな」や「夢は叶う」ということを言わせているので、その張本人が挑まないことにはチグハグだなと思うので、正面から挑んで戦いたいなと思っています。」と語っています。ぜひ諦めずに夢に向かって頑張っていただきたいです。公開は2020年12月25日ですので、ぜひ映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか?最後までご覧いただきありがとうございました。



映画・ドラマ・テレビ
POPNEWS.info

コメント