楢崎智亜(クライミング)の身長や体重は?筋肉トレーニング方法を調査!

スポーツ

イケメンスポーツクライマーの楢崎智亜さん、筋肉が凄いと話題になっています。身長と体重はどのくらいなのでしょうか。今回は、楢崎智亜さんの身長と体重や、どのように筋肉を鍛えているのか、詳しく調べていきたいと思います。イケメンクライマーとして注目を集め、実力も世界レベルの楢崎智亜さん。これから注目の選手になること間違いなしです。

楢崎智亜(クライミング)の身長や体重は?

引用:https://ananweb.jp/news/138055/

楢崎智亜さんの身長は169㎝重は60㎏だそうです。日本人男性の平均身長が171㎝なので、平均的な身長です。クライミング選手の中には、身長の高い人から低い人までいるようなので、身長の高さはあまり関係のない競技のようです。

しかし、遠くのホールドに飛び移るなどの技によっては、身長が高い選手のほうが、手足が長いので有利です。日本人男性の中では、169㎝という身長は決して低くはないのですが、海外選手と比べるとやはり小柄なほうになります。

そのようなハンデもありながら、世界選手権ではトップの成績を残しているということです。BMI(体格指数)は、21で普通体重です。標準は22とされているため、健康的な体重であるといえます。身長と体重だけだと、普通の日本人男性ですね。

楢崎智亜(クライミング)の筋肉が凄い!

引用:https://mainichi.jp/articles/20170503/org/00m/200/001000d

楢崎智亜さんは、クライミングの「ランジ」という技を得意としています。「ランジ」とは、手を伸ばしても届かないホールドに飛び移るというダイナミックな技であり、肩回りの筋肉が重要です。

楢崎智亜さんは、この肩回りの筋肉がしっかり鍛えられているので、柔らかくバネのようにしなやかな動きで、壁を縦横無尽に飛び回ることができるのです。この姿が「忍者」のようだと話題になっています。

身長が海外の選手にくらべると小柄であるというハンデも、この「ランジ」で補っているのだと考えられます。

写真をみても分かるとおり、肩回りがかなり鍛えられているので、上半身が逆三角形のようになっています。かなりのトレーニングが必要そうですね。

楢崎智亜(クライミング)のトレーニング方法は?

引用:https://climbers-web.jp/feature/article-9/

楢崎智亜さんはどのようなトレーニングをしているのでしょうか。調べてみると、パーソナルトレーナーの千葉啓史さんが考案した「チバトレ」をトレーニングメニューに取り入れているようです。

チバトレは筋力トレーニングというよりも、軸を意識して効率の良い身体の動かし方を身に付けることを目的としたトレーニングです。クライミングだけではなく、他のスポーツをするうえでも大変役に立つそうです。

チバトレを考案した千葉啓史さんは、楢崎智亜さんや女性クライマーの野口啓代さんの指導もしています。チバトレを始めて大会でも結果を残せるようになったようです。

楢崎智亜さんは他にも、動物の動きを参考に全身を鍛える「アニマルフロー」というトレーニングを行っているようです。アスリートだけではなく、海外では話題のエクササイズとしても注目されているようです。

四つん這いで歩いたり、身体をねじらせたり、ジャンプしたりと、動物の動きを真似る動作をします。その動きをすることで、筋力バランス感覚など、全身を鍛えることができます

筋力トレーニングはもちろん、身体の使い方にも力を入れてトレーニングしていることが分かりました。クライミングには身体を上手に使えるようになることが大切なのですね。

楢崎智亜(クライミング)の握力や体脂肪率は?

引用:http://fwhk19878.livedoor.blog/archives/1563934.html

クライミングと言えば、手でホールドをつかみ、登っていく競技です。手で体重を支えるわけですから、握力もかなり鍛えられているのでしょうか。

調べてみると、楢崎智亜さんの握力は約50㎏だそうです。同年齢の男性の平均握力は48㎏なので、平均より少し上くらいですね。手の筋肉ももちろんですが、身体の大きな筋肉を使って登ることが大切みたいです。

アスリートといえば、体脂肪率が低いイメージですよね。なんと楢崎智亜さんの体脂肪率は、なんと2%。アスリート選手はトレーニングによって体脂肪率が低くなることが多いと思いますが、2%はすごいですね。かなり鍛え上げられている証拠だと思います。

楢崎智亜(クライミング)の出身高校や大学はどこ?

引用:https://www.minkou.jp/hischool/school/3082/

楢崎智亜さんの出身高校は、栃木県立宇都宮北高校です。偏差値は58と、レベルの高い学校のようです。得意科目は物理と数学。高校卒業後は、プロクライマーとして活動するため、大学進学はしなかったようです。

楢崎智亜さんには兄と弟がおり、3人兄弟の真ん中で育ちました。なんと父親は内科医として開業しています。誰かに継いでほしいという思いもあったのですが、楢崎智亜さん自身は医者になりたいという思いはなかったみたいです。

高校卒業後の進路を決めるとき、父親から「プロになって2年以内に成績が伸びなければ、大学受験をしなさい。」と言われたようです。父親として、息子を心配する気持ちがあったのだと思います。

プロになって2年目の2016年、IFSCクライミングW杯のボルタリング種目で優勝しました。年間王者にも輝き、無事にクライミングを続けられるようになりました。

プロのクライマーになるか、大学受験か。結局プロになることを選んだ楢崎智亜さんですが、当時は父親の跡を継いだほうがいいのではないかという思いもあったようです。どのような思いからかは分かりませんが、家族思いの優しい子だったのかもしれませんね。

楢崎智亜さんと楢崎正剛が似てるのか検証!詳しくはコチラ!
⇒楢崎智亜(クライミング)と楢崎正剛は似てる?親族や血縁関係を調査!

楢崎智亜(クライミング)の熱愛彼女は?

引用:https://www.sankei.com/tokyo2020/news/180724/tko1807240004-n1.html

楢崎智亜さん、現在彼女がいるという情報はありませんでした。彼女ではないかと噂されているのは、同じくプロクライマーである野口啓代(のぐちあきよ)さんです。

2人は同じ事務所(「TEAM au」)というのもあり、顔を合わせる機会も多いと思われます。しかも2人が並ぶと美男美女、ビジュアル的にもお似合いです。

しかし、付き合っているという事実はなく、あくまで噂にすぎません。楢崎智亜さんより、7歳年上の野口啓代さん。過去に「がむしゃらに泥臭く登ったほうがいい。」アドバイスもしていたようです。

このことから、お互いに相談しあえる、良い先輩後輩の関係という感じがします。ちなみに野口啓代さん、東京オリンピックで現役引退を明言しています。

楢崎智亜さんはイケメンなので、プライベートで彼女がいてもおかしくないですね。しかし現在は、彼女に関する情報はありませんでした。

楢崎智亜さんの父の職業や出身高校について詳しくはコチラ!
⇒楢崎智亜(クライミング)父の職業は医者?出身高校や大学を調査!

楢崎智亜(クライミング)のプロフィールは?

引用:https://hominis.media/category/athlete/post2506/

楢崎智亜さんのプロフィールです。

名前:楢崎智亜(ならさき ともあ)
生年月日:1996年6月22日
出身地:栃木県宇都宮市
所属事務所:TEAM au

10歳のとき、お兄さんが通っていたクライミングジムで、クライミングの魅力に惹かれて始めた楢崎智亜さん。もともと器械体操をしており、そこで培った身体能力が今のクライミングスタイルの原点となっています。高校卒業後は進学せずに、プロの道へ進みました。

そして2年後の2016年、IFSCクライミングW杯、ボルタリング種目で日本人男子初の優勝という快挙を遂げました。この年に、今の所属事務所である「TEAM au」に所属しています。

2019年、IFSCクライミングW杯では、総合優勝。東京オリンピック日本代表として出場が決まりました。

今回のオリンピックで初めて実施される、スポーツクライミング。最近は趣味でボルタリングをするひとも多く、今人気のスポーツです。金メダル候補として期待されている楢崎智亜さん、イケメンなのでこれからますます人気が出てきそうですね。

楢崎智亜(クライミング)の身長や体重は?筋肉トレーニング方法を調査!まとめ

楢崎智亜さんの身長は169㎝で体重は60㎏です。かなり鍛えられているためか、体脂肪率はわずか2%でした。これにはびっくりしてしまいますね。トレーニングは「チバトレ」と「アニマルフロー」を用いて、全身を鍛えつつも身体の使い方を重点的にトレーニングされていることが分かりました。

もちろん他にもたくさんされていると思いますが、公表されているのはこの2つのようです。クライミングは今人気のスポーツです。今回オリンピックでは初の実施となります。金メダル候補として期待されている楢崎智亜さんの活躍が楽しみですね。



スポーツ
POPNEWS.info

コメント