鈴木雄介(競歩)に出場停止処分の過去?出身や中学高校はどこかチェック!

スポーツ

2019年世界陸上ドーハ大会で、50km競歩で金メダルを獲得したすずき鈴木雄介選手をご存知でしょうか?東京オリンピックの競歩競技でメダル獲得に期待の声が上がっています。出身地や出身中学高校はどこでしょうか?また、鈴木雄介選手には出場停止処分を受けた過去があるようです。今回は鈴木雄介選手のプロフィールや出場停止処分の過去を見ていきましょう。

鈴木雄介(競歩)の怪我とは?

引用:https://number.bunshun.jp/

2015年8月世界陸上北京大会の前に鈴木雄介選手は恥骨炎を発症しました。この大会で優勝を期待されていた鈴木雄介選手は、痛み止めを服用しレースに出場しました。しかし、薬の副作用で胃炎が悪化し、途中棄権しました。

恥骨の疲労骨折が治らず、2016年リオオリンピック最終代表選考会は欠場。オリンピック出場の可能性が消滅しました。その後も故障は治らず、2017年ロンドン大会での、代表を選考する大会も欠場しました。

この頃何度も治療先を変更し、治療を続けていましたが改善はせず引退も考えていたそうです。そんな鈴木雄介選手に転機が訪れたのは2017年8月のことでした。グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)の治療実績が豊富な病院を紹介され、通院を開始しまた。

その病院で行ったリハビリが効果的で、同年12月には練習を再開できるまでに回復したのです。鈴木雄介選手は、以前まで競技をすることは当たり前だと思っていたが、怪我を経験し「競技ができることは一番の幸せである」ということに気づかれたそうです。

競技ができることに幸せを感じ、感謝ができる鈴木雄介選手だからこそトレーニングも一生懸命取り組み結果が残せているのですね。

鈴木雄介(競歩)に出場停止処分の過去?

引用:https://number.bunshun.jp/

怪我も乗り越えた鈴木雄介選手でありますが、出場停止処分を言い渡された過去もあるのだそうです。今回は出場停止処分について調査してみました。鈴木雄介選手が出場停止処分を科せられていたのは、2017年10月1日~2018年3月31日の6か月間でした。

そもそもどうして出場停止処分を科せられていたのでしょうか?それは、強化費用の不正申請が原因だったようです。鈴木雄介選手は強化指定選手として、ゴールド指定というものになっており年間1000万円の費用を受け取ることができます。

鈴木雄介選手は怪我をしていた時期に、150回治療に通っていました。都内の治療院へ東京都の親族宅から通っていた鈴木雄介選手でしたが、千葉の選手寮から治療に通っていたと交通費を虚偽申告していたというのです。

さらに、8回分の治療費を増額して申請していました。総額約30万円を不正に受け取ろうとしていました。申請内容の確認中に虚偽が発覚したため、鈴木雄介選手は費用を受け取ってはいません。

日の丸を背負い世界で活躍する選手が、このような不祥事は起こしてほしくはないですね。子供たちに夢を与えている、子供たちが見ているという自覚を持ってほしいですね。

鈴木雄介選手は、所属先の富士通を通じ「今後は、競技者として、社会人としてあるまじき姿を考え行動していく所存です。」とコメントしています。2015年8月怪我をし欠場をしていましたが、この不祥事により2年以上試合に出場できませんでした。

2年9か月の休止期間を経て、競技へ復活をしました。怪我や不祥事の試練を経験し、乗り越えたからこそ今の鈴木雄介選手の強さがあるのですね。

鈴木雄介(競歩)の出身や中学高校はどこ?

引用:https://number.bunshun.jp/

鈴木雄介選手ですが、どこで生まれ学生時代をどう過ごしてきたのでしょうか?ここからは、鈴木雄介選手の出身地と出身中学、高校について見ていきましょう!まず、鈴木雄介選手の出身地は「競歩王国」石川県能美市出身です。次に鈴木雄介選手の学歴を見ていきましょう!

出身中学:石川県辰口町立辰口中学校
出身高校:石川県立小松高等学校
出身大学:順天堂大学

小学生の時、兄の影響で陸上クラブに所属した鈴木雄介選手。長距離選手として陸上競技をはじめます。本格的に競歩を始めるのは、中学2年生の時でした。中学3年生の時には、3000m競歩と5000m競歩の両方で中学最高記録を樹立します。

高校は、偏差値68もある進学校で、石川県内で4番目に偏差値の高い公立高校です。鈴木雄介選手は、高校で結果を残せなかったら、普通の大学へ進学し就職をしようと考えていたようです。中学生のころからしっかり自分の進路を見据え、考えて行動していたのですね。

そんな鈴木雄介選手は、全国高校総体で優勝するなど高校時代もしっかりと結果を残します。高校卒業後、大学は順天堂大学に進学をしました。大学1年生の時、第11回世界ジュニア陸上競技選手権大会の10,000mで競歩で銅メダルを獲得しました。

学生時代も着実に実績を積んできたのですね。これからの鈴木雄介選手の活躍も、期待したいですね!

鈴木雄介(競歩)の家族構成や兄弟は?

引用:https://www.iza.ne.jp/

次に鈴木雄介選手の家族構成について見ていきましょう。

父親の裕文さんと母親の恵子さん、そして3人兄弟の5人家族です。鈴木雄介選手のご実家は豪邸なようで、地元では古くからの名士だったようです。また鈴木雄介選手は3人兄弟の末っ子です。2歳年上のお兄さんの影響で陸上を始めたそうです。

兄弟の中で鈴木雄介選手は運動が1番苦手だったようです。そんな子が将来金メダルを獲得する選手になるとは誰も予想できませんよね?鈴木雄介選手の努力の成果ですね。

鈴木雄介(競歩)が世界陸上で優勝!

引用:https://mainichi.jp/

2019年9月29日に開催された世界陸上選手権ドーハ大会で、見事鈴木雄介選手が金メダルを獲得しました。開催地であるドーハは昼間40度を超す猛暑になるため、選手への配慮の結果、競技の開始スタートは夜11:30に変更されました。

鈴木雄介選手が、世界大会を競歩50km出場するのは初めてでしたが、調整が難しい中、日本人初の競歩での金メダル獲得とは、見事な快挙ですね!暖冬が続き、2020年の東京オリンピックも猛暑が予想されますが、オリンピックでのメダル獲得も期待したいですね。

鈴木雄介選手の帽子の秘密が凄い!詳しくはコチラから!
⇒鈴木雄介(競歩)帽子の暑さ対策の秘密は?ブランドが凄かった!

鈴木雄介(競歩)の経歴は?

引用:https://www.womenshealthmag.com/

ここからは鈴木雄介選手の経歴を見ていきましょう。

2011年、2013年、2014年
国内大会決勝 日本選手権20km競歩優勝

2013年に開催された日本選手権20km競歩では、1時間19分02秒という記録を打ち出し、日本記録を樹立します。また、2014年の仁川アジア競技大会で銀メダルを獲得します。

そして2015年全日本競歩能美大会では、1時間16分36秒を記録し世界記録を樹立しました。その後、怪我とリハビリのため2年9か月ほど公式試合への出場を休止します。復帰は2018年5月です。

復帰後2019年4月、日本選手権で距離を50kmに変え出場します。この時に3時間39分7秒という記録を打ち出しました。この記録は日本記録を樹立し優勝しました。そのあと世界陸上選手権ドーハ大会の日本代表に選ばれます。

そして9月に開催された世界陸上選手権ドーハ大会で、4時間04分20秒で見事金メダルを獲得します。これが東京オリンピックへの出場を決めました。今年迎える東京オリンピックの活躍が楽しみですね。

鈴木雄介選手の結婚や馴れ初めはコチラから!
⇒鈴木雄介(競歩)は結婚してる?馴れ初めや子供をチェック!

鈴木雄介(競歩)のプロフィールは?

引用:https://note.com/

鈴木雄介選手のプロフィールを紹介します。

名  前:鈴木 雄介(すずき ゆうすけ)
生年月日:1988年1月2日
出 身 地:石川県能美市辰口町
身  長:170cm
体  重:57kg
種  目:競歩
所  属:富士通

鈴木雄介(競歩)に出場停止処分の過去?出身や中学高校はどこかチェック!まとめ

今回は、鈴木雄介選手のプロフィールや出場停止処分の過去について、見てきました。中学生のころから、将来のことを真剣に考え行動する真面目な性格、しっかりした一面も見えました。過去には怪我や出場停止などたくさんの至難を乗り越え、今東京オリンピックを目前に控えております。東京オリンピックで鈴木雄介選手のメダル獲得に期待したいですね。



スポーツ
POPNEWS.info

コメント

mei