MGCの2019出場選手出身大学のランキングは?コースマップと高低差をチェック!

スポーツ

いよいよ東京オリンピック代表の座をかけた戦いが繰り広げられます!MGC(マラソングランドチャンピオン)が9月15日に開催されます。出場選手の出身大学はどこが一番多いのでしょうか?MGCのコースマップも気になりますよね。今回は、MGCの2019出場選手出身大学のランキングやコースマップと高低差を見ていきましょう!

MGCとは?

引用:https://www.asahi.com

「MGC」とはあまり聞きなれない言葉ですが、マラソングランドチャンピオンシップ(Marathon Grand Championship)のことです。2019年9月15日に開催される予定のマラソン大会になります。もうすぐ開催されますね。

2017年8月23日、日本陸上競技連盟より2020年東京オリンピックマラソン日本代表選考会として2019年9月以降の開催が発表されました。2020年東京オリンピックマラソン日本代表として誰が出場することになるのかとても大切なマラソン大会なんです。

MGCの2019のオリンピック代表内定に選ばれる条件とは何なのか見ていきましょう。

MGCの2019のオリンピック代表内定条件とは?

引用:http://www.mgc42195.jp/

MGCの2019のオリンピック代表内定に選ばれる条件とは何なのでしょうか?

MGCで優勝すれば無条件で2020年東京オリンピックマラソン日本代表として出場!

そして、2位、3位になった選手は、MGC派遣設定記録をクリアした最上位競技者が次の選手に選ばれることになります。要するに、2位、3位の選手のうち、自己ベストの速い選手が次の選手として選ばれるという事になります。

男子:2時間05分30秒
女子:2時間21分00秒

上記の記録を2017年8月1日~2019年4月30日にクリアした選手がいない場合には、MGCで2位になった選手がオリンピック代表内定に選ばれることになります。

3位以降の選手はどうなるの?

3位以降の選手にも、まだ2020年オリンピック代表になるチャンスがあります。2019年9月以降に「MGCファイナルチャレンジ」というマラソン大会が開催されます。この大会で、MGC派遣設定記録をクリアした最上位の選手が、2020年オリンピック代表3人目の選手として選ばれることになります。

<MGCの2019のオリンピック代表内定条件>
・優勝
・2位、3位のうち「MGC派遣設定記録」をクリア
(クリアした者がいない場合は2位が自動的に内定する)
・MGCファイナルチャレンジで「MGC派遣設定記録」をクリアした最上位の選手

MGCの2019出場選手出身大学のランキングを見ていきましょう。

MGCの2019出場選手出身大学のランキングは?

引用:https://www.excite.co.jp

MGCの2019出場選手出身大学のランキングを調べてみました。

5人
東洋大    設楽悠太、山本憲二、服部勇馬、山本浩之、高久龍

4人
青山学院大  橋本崚、藤川拓也、神野大地、一色恭志

3人
駒澤大学   中村匠吾、大塚祥平、二岡康平

2人
国士舘大   藤本拓、福田穣
東海大    村澤明伸、佐藤悠基
上武大    園田隼、山岸宏貴
拓殖大    谷川智浩、中本健太郎

1人
早稲田大   大迫傑
山梨学院大  井上大仁
学習院大   川内優輝
日本大    竹ノ内佳樹
明治大    岡本直己
中央大    堀尾謙介
順天堂大   今井正人
國學院大   荻野皓平
神奈川大   鈴木健吾
麗澤大    河合代二
京都産業大  上門大祐
名古屋大   鈴木亜由子
佛教大    前田彩里

1番多かった出場選手出身大学は、東洋大学の5人でした。5人全員が箱根駅伝での優勝経験があります。東洋OBの設楽悠と服部勇はMGCの優勝候補にもなっているようです。

MGCの2019出場選手出身地のランキングも見てみましょう。

MGCの2019出場選手出身地のランキングは?

引用:https://sports-inf.com

MGCの2019出場選手の出身地はどこが1番多いのか見ていきましょう。

3人
東京都  川内優輝、大迫傑、関根花観
岐阜県  宮脇千博、河合代二、安藤友香
大阪府  竹ノ内佳樹、松田瑞生、中野円花
兵庫県  堀尾謙介、前田穂南、野上恵子
熊本県  園田隼、谷川智浩、前田彩里
鹿児島県 上原美幸、池満綾乃、一山麻緒

2人
新潟県  山岸宏貴、服部勇馬
埼玉県  山本浩之、設楽悠太
愛知県  神野大地、鈴木亜由子
三重県  中村匠吾、岩出玲亜
京都府  一色恭志、上門大祐
鳥取県  二岡康平、岡本直己
岡山県  小原怜、谷本観月
広島県  藤川拓也、山本憲二
山口県  藤本拓、中本健太郎
福岡県  岩田勇治、福田穣
長崎県  木滑良、井上大仁
大分県  橋本崚、大塚祥平

1人
青森県  福士加代子
福島県  今井正人
栃木県  高久龍
長野県  村澤明伸
静岡県  佐藤悠基
奈良県  荻野皓平
愛媛県  鈴木健吾

近畿、中国、九州地方が多いように見えますね。

MGCの2019出場選手コースマップと高低差は?

MGCの2019出場選手コースマップと高低差も気になるところだと思います。MGCの2019出場選手コースマップと高低図はコチラです!

引用:https://shabonyukuro.com/

マラソンコースは2020年東京オリンピックで使用するものと同じコースになります。スタート・フィニッシュ地点は新国立競技場になりますが、開催時点ではまだ未完成なので、明治神宮外苑周辺に設定されています。また、五輪のテストイベントとしても実施される予定になっています。

MGCの2019出場選手をご紹介します。

MGCの2019出場選手は?

引用:https://www.jaaf.or.jp

MGCの2019出場選手を見ていきましょう。

男子出場選手

村澤明伸
所属:日清食品グループ
自己ベスト:2:09:47

大迫傑
所属:Nike
自己ベスト:2:05:50

上門大祐
所属:大塚製薬
自己ベスト:2:09:27

竹ノ内佳樹
所属:NTT西日本
自己ベスト:2:10:01

園田隼
所属:黒崎播磨
自己ベスト:2:09:34

設楽悠太
所属:Honda
自己ベスト:2:06:11

井上大仁
所属:MHPS
自己ベスト:2:06:54

木滑良
所属:MHPS
自己ベスト:2:08:08

宮脇千博
所属:トヨタ自動車
自己ベスト:2:08:45

山本憲二
所属:マツダ
自己ベスト:2:08:42

佐藤悠基
所属:日清食品グループ
自己ベスト:2:08:58

中村匠吾
所属:富士通
自己ベスト:2:08:16

岡本直己
所属:中国電力
自己ベスト:2:11:29

谷川智浩
所属:コニカミノルタ
自己ベスト:2:11:39

大塚祥平
所属:九電工
自己ベスト:2:10:12

中本健太郎
所属:安川電機
自己ベスト:2:08:35

藤本拓
所属:トヨタ自動車
自己ベスト:2:07:57

服部勇馬
所属:トヨタ自動車
自己ベスト:2:07:27

福田穣
所属:西鉄
自己ベスト:2:09:52

橋本崚
所属:GMOアスリーツ
自己ベスト:2:09:29

岩田勇治
所属:MHPS
自己ベスト:2:09:30

堀尾謙介
所属:トヨタ自動車
自己ベスト:2:10:21

今井正人
所属:トヨタ自動車九州
自己ベスト:2:07:39

藤川拓也
所属:中国電力
自己ベスト:2:10:35

神野大地
所属:セルソース
自己ベスト:2:10:18

山本浩之
所属:コニカミノルタ
自己ベスト:2:09:12

河合代二
所属:トーエネック
自己ベスト:2:10:50

髙久龍
所属:ヤクルト
自己ベスト:2:10:02

荻野皓平
所属:富士通
自己ベスト:2:09:36

一色恭志
所属:GMOアスリーツ
自己ベスト:2:09:43

鈴木健吾
所属:富士通
自己ベスト:2:10:21

<出場辞退>
川内優輝
山岸宏貴
二岡康平

女子出場選手

前田穂南
所属:天満屋
自己ベスト:2:23:48

松田瑞生
所属:ダイハツ
自己ベスト:2:22:23

安藤友香
所属:ワコール
自己ベスト:2:21:36

関根花観
所属:日本郵政グループ
自己ベスト:2:23:07

岩出玲亜
所属:アンダーアーマー
自己ベスト:2:23:52

野上恵子
所属:十八銀行
自己ベスト:2:26:33

鈴木亜由子
所属:日本郵政グループ
自己ベスト:2:28:32

小原怜
所属:天満屋
自己ベスト:2:23:20

福士加代子
所属:ワコール
自己ベスト:2:22:17

上原美幸
所属:第一生命グループ
自己ベスト:2:24:19

前田彩里
所属:ダイハツ
自己ベスト:2:22:48

一山麻緒
所属:ワコール
自己ベスト:2:24:33

<出場辞退>
中野円花
谷本観月
池満綾乃

MGCの2019についてネットの反応は?

MGCの2019についてネットの反応を見てみましょう。

MGCの応援ポイントはコチラから!
⇒MGCのマラソンコース2019の応援ポイントは?テレビ放送とスタート時間を調査!

MGCの2019出場選手出身大学のランキングは?コースマップと高低差をチェック!まとめ

MGCの2019出場選手出身大学のランキングは?コースマップと高低差をチェック!ということでご紹介してきました。代表選考レースがMGCに一本化されて明白に選手を決めることが出来るようになりました。男子も女子も2020年の東京オリンピックマラソン日本代表に向けて頑張ってほしいです。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント