瀬戸大也の結婚式の場所は?子供の優羽が可愛すぎる溺愛エピソード!

スポーツ

今年の東京オリンピックへの出場が決まっている競泳選手の瀬戸大也さん、2017年に結婚しましたが、結婚式をした場所はどこなのでしょうか?また子供・優羽ちゃんへの溺愛っぷりが話題になっています。今回は瀬戸大也さんの結婚式の場所や、子供・優羽ちゃんについて、美人の奥さんについてなど詳しく調べていきます。

瀬戸大也の結婚式の場所は?

引用:https://chikiyasuibuki1104.com/

瀬戸大也さんは2017年5月24日に結婚し、4ヶ月後の10月1日に表参道で結婚式を挙げています。瀬戸大也さんのインスタにも結婚式での写真がアップされています。挙式「セントグレース大聖堂」披露宴は挙式会場から歩いて5分くらいの場所にある「ザ・ストリングス表参道」で行いました。

「セントグレース大聖堂」は、東京都内の挙式会場の雰囲気口コミランキングで1位を獲ったこともある、人気の式場です。ステンドグラスやパイプオルガンもあり、本物の大聖堂での挙式ができる式場です。「ザ・ストリングス表参道」は、2017年10月にできた比較的新しい式場のようです。

ここにも挙式会場はありますが、披露宴のみでも対応しており、瀬戸大也さんは「ウエイトスイート」という会場で披露宴をしたようです。おしゃれ花嫁に人気の結婚式場としても話題の式場です。駅からすぐ近くにあり、料金は安くはないですが「ここで挙げてよかった!」と口コミも多く、評価の高い結婚式場のようです。綺麗な奥さんにピッタリの式場ですね。

瀬戸大也の結婚式の費用は?

引用:https://riri-news.site/

とても人気の場所で挙式、披露宴をした瀬戸大也さんですが、結婚式の費用はどのくらいだったのでしょうか。ザ・ストリングス表参道の料金プランをみてみると、「セントグレース大聖堂&ザ・ストリングス表参道」というのがあるので、このプランを使って挙式したのではないかと考えられます。

ちなみにこのプランは80人で約340万円かかります。何人招待したのかによって料金は変わってくるので、費用がどのくらいかかったのか予想することは難しいです。なお、このプランには挙式料が含まれていないので、セントグレース大聖堂で別に挙式料を払うことになると思うので、100万円ほどプラスされると考えられます。

計算は難しいですが、挙式と披露宴合わせて500~600万ほどはかかっているのではないでしょうか。奥さんの両親は中国出身のようです。中国では結婚式を豪華にする人が多いみたいなので、このくらいはかかってそうですよね。

瀬戸大也の嫁は誰?

引用:https://kaikumikodaisuki.com/

瀬戸大也さんの奥さんは、元飛び込み選手の馬淵優佳(まぶちゆか)さんです。馬淵優佳さんのお父さんは元中国の飛び込み選手、馬淵崇英さんです。中国の上海市出身で、現在は日本国籍を取得し、日本水泳連盟飛込委員や全日本ナショナルチームのヘッドコーチを務めています。

お母さんも中国出身の方のようです。馬淵優佳さんは、とても美しい顔立ちをしています。まさに中国美人という感じですね。馬淵優佳さんは、3歳で水泳、6歳で飛び込みを始めたようです。お父さんが元選手なので、きっとその影響ですね。

2008年、日本選手権で高飛び込みと3メートル板飛び込みで2冠を達成。以降、日本選手権などで好成績をだしていましたが、瀬戸大也さんと入籍後の2017年11月28日にTwitterで引退を発表しました。翌年の2018年6月に長女・優羽ちゃんが誕生していることから、引退発表のころには妊娠が分かっていたのかもしれません。これからは旦那さんを支えながら子育てに専念することに決めたのかもしれませんね。

瀬戸大也と嫁の馴れ初めやプロポーズは?

引用:https://mdpr.jp/news/

瀬戸大也さんと馬淵優佳さんの出会いは小学生の頃で、同じJSSスイミングスクールに通っていたようです。JSSは全国各地にあり、瀬戸大也さんはJSS毛呂山、馬淵優佳さんはJSS宝塚のスクールに通っていました。埼玉と兵庫で違うスクールに通っていたのですが、大会などで顔を合わせることもよくあったようです。

小学生のとき瀬戸大也さんがJSSのパンフレットで馬淵優佳さんをみて「かわいい子だな」と思っていたようです。小学生らしい、とてもかわいらしいエピソードですよね。そのころから気になる存在だったのでしょうか。

実際にお付き合いを始めたのは、2014年11月22日からで2人が大学生のときでした。知人に馬淵優佳さんを紹介してもらい、瀬戸大也さんの猛アタックで交際がスタートしたようです。関西と関東の2年半の遠距離恋愛だったようで、お互いの両親には早くから紹介していたようです。

付き合い初めから、結婚を見据えていたのかもしれないですね。交際の2年後の2016年11月22日に瀬戸大也さんからプロポーズ。プロポーズの相談をメジャーリーガー大谷翔平さんと、競泳のライバルであり友人でもある荻野公介さんにしていたようです。

そのとき、大谷翔平さんから「名前が大也なんだからダイヤ(の指輪に)写真を貼ったら」とアドバイスされ、本当に指輪の上に自分の顔写真を貼ってプロポーズしたようです。馬淵優佳さんは最初「だまされた!」と思ったみたいです。

そして2017年5月24日、瀬戸大也さんの誕生日に婚姻届を提出し、めでたく夫婦になりました。本当は付き合い始めた日の11月22日に入籍日を合わせたかったようですが、待ちきれなかったようです。本当に奥さんが大好きなのですね。

瀬戸大也の子供の優羽が可愛すぎる?

引用:https://trend-express.net/

入籍後の2018年6月26日に、長女・優羽(ゆわ)ちゃんが誕生しました。7時間に及ぶ陣痛を経て生まれたのは、3968gのビッグベビーだったようです。初産で7時間というのは早いほうなので、さすが元アスリートという感じです。

なんと優羽ちゃん、ハネムーンベビーであると瀬戸大也さんも語っています。理由は、すでに東京オリンピックを見据えていたようで、オリンピックの前は練習に集中したいと考えていたので、奥さんのことをケアするのが難しいと考えていたようです。

瀬戸大也さんの娘への溺愛っぷりが話題ですよね。3人で撮った写真もよくインスタに載せています。夫婦ともにインスタをしていますが、とても優羽ちゃんを大切にされていることが分かります。

奥さんのことが本当に大好きなので、子供のこともとてもかわいいのだと思います。東京オリンピックのころには優羽ちゃんは2歳。しっかりパパの活躍をみていてほしいですね。

瀬戸大也の経歴は?

引用:https://the-ans.jp/

5歳から水泳を始め、小学生時代には全国大会でも活躍する選手だったようです。中学2年生のとき、全国JOCジュニアオリンピックカップに出場し、「男子400m個人メドレー」で優勝し、将来を期待される選手になりました。小学生のころからのライバルであった荻野公介さんには、このとき初めて勝利しました。

高校時代のインターハイでは3連覇を達成するなど、数々の大会で優勝。好成績を残しましたが、高校3年生のとき第88回日本選手権水泳競技大会では3位に終わり、ロンドンオリンピック出場を逃してしまいます。瀬戸大也さん人生で一番の挫折だったようです。

その悔しさをバネに、大学進学後の2013年の世界選手権に出場、男子400m個人メドレーで金メダルを獲得しました。2014年はバタフライで大躍進、ほとんどの大会で無敗を誇りました。

2015年、世界選手権に出場し、男子400m個人メドレーで金メダルを獲得。日本人初の2連覇を達成し、リオデジャネイロオリンピックへの出場が決定しました。2016年、念願のリオデジャネイロオリンピックでは、男子400m個人メドレーで銅メダルを獲得することができました。
2017年大学卒業後、プロ競泳選手として、全日本空輸(ANA)と契約を結びました。

2020年の今年の東京オリンピックへの出場も決定しています。メダル有力候補として注目されている注目の選手です。オリンピックでの闘いが楽しみですね。

瀬戸大也さんのお嫁さんの料理や年齢についてはコチラから!
⇒瀬戸大也の嫁の料理は上手い?年齢や馴れ初めをチェック!

瀬戸大也のプロフィールは?

引用:https://number.bunshun.jp

瀬戸大也さんのプロフィールです。

名前:瀬戸大也(せと だいや)
生年月日:1994年5月24日
出身地:埼玉県入間郡毛呂山町
身長:174㎝
体重:72㎏
所属:全日本空輸(ANA)

とにかくポジティブな性格だという瀬戸大也さん。幼いころから「だめ」「無理」などの言葉を使うと両親に注意されていたようです。現在も奥さんと娘・優羽ちゃんを大切に思っていることがよく分かります。きっとご両親からたくさんの愛情を受けて育ったのですね。2020年東京オリンピックに出場が決まっている瀬戸大也さん。日本のメダル候補選手として期待されています。

瀬戸大也の結婚式の場所は?子供の優羽が可愛すぎる溺愛エピソード!まとめ

瀬戸大也さんと嫁・馬淵優佳さんは、「セントグレース大聖堂」で挙式をし「ザ・ストリングス表参道」で披露宴を行いました。どちらも東京都で人気の式場です。現在は娘・優羽ちゃんが生まれ、インスタにもよく写真をアップしています。とてもかわいがっている様子が伝わってきます。大好きな奥さんと娘さんが見ている中での東京オリンピック、瀬戸大也さんの泳ぎが本当に楽しみですね。



スポーツ
POPNEWS.info

コメント