よよか(ドラム)発達障害ではなかった?クイーンのカバーなど天才すぎる才能!

未分類

天才ドラム少女・よよかちゃんをご存じですか。クイーンの曲をドラムで披露し、今世界で注目を集めています。よよかちゃん、発達障害という噂がありますが、本当でしょうか。今回は、よよかちゃんは発達障害ではないかという噂について、詳しく調べていきます。クイーンの曲を披露し、海外のドラマーからも絶賛されているようです。天才ドラマー・よよかちゃんはどんな女の子なのでしょうか。

よよか(ドラム)はどんな子?家族構成は?

引用:https://yumejiyuu.com

よよかちゃんは現在10歳、小学4年生の女の子です。(2020年2月現在) ドラムを始めたのは2歳のころ、おもちゃ代わりにドラムを始めたのがきっかけみたいです。2歳といえば、まだ物心つく前ですね。物心ついたときにはすでにドラムが身近にあり、使っていたということですね。

そして5歳のころ、バンド「かねあいよよか」を結成しました。よよかちゃんのお父さん、お母さん、よよかちゃん、そしてサブメンバーの弟・しどうくんの家族で活動するバンドです。お父さんのあきふみさんは、ベース・ギター・ボーカルを担当し、歌の録音やミックスなどもしています。

お母さんのりえさんは、歌・ギターを担当。弟のしどうくんは歌・ダンス・エアギターなど盛り上げ役のようです。そしてよよかちゃんは、ドラムはもちろんのこと、歌やキーボードもするそうです。

よよか(ドラム)に発達障害の噂?

引用:https://www.youtube.com/

よよかちゃんが発達障害という噂は、ウソです。なぜそのような噂が流れたのか分かりませんが、調べてみるとYouTuberとして活動している「相馬トランジスタ」さんの検索キーワードが引っかかってしまったようです。

相馬トランジスタさんは以前、物忘れが激しいことやよく鍵や財布などの大事なものをなくしてしまうことがあり、病院で検査した結果、ADHDと診断されたようです。なぜそれがよよかちゃんの検索キーワードに引っかかったのでしょうか。

おそらくよよかちゃんの名前が「相馬よよか」であるからだと考えられます。「相馬」という苗字が一緒なので、それで検索キーワードに引っかかってしまったのですね。

それに相馬トランジスタさんもよよかちゃんも、YouTubeに動画投稿しているので、関連動画でよよかちゃんの動画がでてきてしまったことが理由ではないでしょうか。とりあえず、よよかちゃんの発達障害という噂のようです。

よよか(ドラム)がクイーンのドラムカバー披露?

引用:https://nbpress.online/

2019年2月、よよかちゃんはアメリカの人気トーク番組「エレンの部屋(The Ellen えいDeGeneres Show)」に出演しました。日本では、海外版「徹子の部屋」といわれています。

冒頭でよよかちゃんは、クイーンの「ストーン・コールド・クレイジー」のカバーをドラムで披露し会場は歓声に包まれました。通訳を交え、MCエレンさんとのトークも楽しんでいたようです。

よよかちゃんはエレンさんにおみやげとして「絵蓮」と書いた書をプレゼントしました。エレンさんからお返しに「YOYOKA」と書かれたオリジナルの木琴と、ロックの聖地といわれる「Whisky a Go Go」での演奏がサプライズで用意されていたようです。

Whisky a Go Goでは、よよかちゃんの大ファンであるレッド・ツェッペリンのカバーや自身が作詞作曲したという曲を2曲披露し、会場は大盛り上がりだったようです。

そして4月、NewsWeek日本版「世界が尊敬する日本人100」によよかちゃんが選ばれました。5月には、エレンの部屋に2度目の出場。日本人としては初のようです。そこでは、フー・ファイターズの「ザプリテンダー」を披露し、前回同様会場は大盛り上がりだったようです。

最初のエレンの部屋への出演当時は、よよかちゃんは小学校3年生ですが、かなりしっかりして、堂々とまた楽しそうにトークしています。それでもジェスチャーをして話したり、子どもらしい発言があったりで、小学生の女の子らしさもでていました。気になるかたは、YouTubeに動画がアップされているのでみてみてください。

よよか(ドラム)の小学校はどこ?

引用:http://amass.jp/

よよかちゃんは北海道石狩市在住です。なので、小学校もおそらく石狩市内の小学校だと考えられますが、小学校名は公開されていません。しかし、今世界で注目されているよよかちゃん、私立の小学校に通っている可能性も十分考えられます。

石狩市には、公立の小学校しかないようですが、隣の札幌市には私立の小学校があるようなので、もしかしたら札幌市の小学校に通っている可能性もありますよね。どちらにしろ、小学校名は公開されておらず、どこの小学校に通っているのか分かりませんでした。

学校や他の児童のことも考えて、公開していないのかもしれません。もう少し大きくなれば、音楽の専門の学校に進学するのでしょうか。まだまだ可能性は無限にありますね。

よよか(ドラム)のドラム講座が凄い!

よよかのドラム講座1 "ダブル" / ”YOYOKA” Drum course #1"Double"

YouTubeチャンネル「かねあいよよか」では、よよかちゃんが6歳のころから「よよかのドラム講座」動画がアップされています。ドラム講座の最初のほうは、まだ6歳のころのよよかちゃんがしています。動画をみてみましたが、6歳なのにこのドラムの腕前はすごいと思います。

最初は子どもらしいかわいい話し方でスタートするのですが、ドラムを叩きだすとギャップにびっくりしてしまいます。回を重ねるにつれて、話し方もどんどんしっかりしてきて、成長も感じられます。

今は10歳、4ヶ月前にアップされている動画は、もうすっかりお姉さんです。ドラムの腕前もますます上達しています。気になるかたは是非「よよかのドラム講座」をみてみてください。

よよか(ドラム)についてネットの反応は?

引用:https://yoyoka.jp/

アメリカの番組「エレンの部屋」に出演し、日本だけでなく世界中でも注目を集めているよよかちゃん。番組をみた人は「キュートすぎ!」「彼女は本当にすごい才能を持っている」とよよかちゃんのことを大絶賛する声が多かったようです。

また、エレンの部屋での演奏をみた、フー・ファイターズのデイブ・グロールも「これからも頑張ってください!あなたのようなドラマーを世界は待っています。」とよよかちゃんの演奏を絶賛しています。

また、YouTube「かねあいよよか」の動画コメント欄には、日本はもちろん海外からのコメントもたくさんきています。きっとエレンの部屋出演や、Whisky a Go Goでの演奏の影響もありますね。

もちろん日本でも、TBS「音楽の日」に出演するなど、メディアでの活動が増えてきています。まだまだ小学生で学校もあると思うので大変そうですが、これからの活動が楽しみですね。

よよか(ドラム)のプロフィールは?

引用:https://cmmonster.com/

よよかちゃんのプロフィールです。

名前:相馬世世歌(そうまよよか)
生年月日:2009年10月(日付は公開されていません)
出身地:北海道石狩市

2歳で、おもちゃ代わりにドラムを始め、4歳からライプ活動を始めました。5歳のころ、両親とともに家族バンド「かねあいよよか」を結成。6歳のとき、「ハマナスの約束」でCDデビュー、当時よよかちゃんは幼稚園に通っていました。

ドラム以外にも、作詞作曲、ボーカル、キーボードも担当しています。コンテストでの優勝やメディアへの出演など、天才ドラマーとして今もっとも注目を集めています。2019年1月、アメリカの人気トーク番組「エレンの部屋」に出演。冒頭、クイーンのカバーを披露し、会場は歓声に包まれました。5月には、日本人として異例の2度の出演。

2019年4月、NewsWeek日本版「世界が尊敬する日本人100」に史上最年少で掲載されました。10歳にして、すでに世界に注目されている天才ドラマーです。

よよか(ドラム)発達障害ではなかった?クイーンのカバーなど天才すぎる才能!まとめ

調べた結果、よよかちゃんは発達障害ではありません。YouTuberの相馬トランジスタさんの検索キーワードが引っかかってしまったと考えられます。その理由として、よよかちゃんも同じ「相馬」という苗字であることや、YouTubeで動画投稿をしていることが挙げられます。まだ10歳でもうすでに世界に注目されているよよかちゃん。エレンの部屋で披露したクイーンのカバーも素晴らしく、小学生とは思えないドラムさばきです。YouTubeでエレンの部屋出演時の動画や、かねあいよよかのチャンネルも開設しているので、気になる人は是非みてみてください。

コメント