張本智和(卓球)の高校進学や大学は?伸び続ける身長を調査!

スポーツ

2020年東京オリンピックにも当確している張本智和選手。試合中「チョレイ!!」という掛け声でも話題になっている日本卓球界の若きエースです。卓球界で実績をあげトップに存在する張本智和選手ですが、学業でもトップを目指すべく高校進学をされ文武両道に励んでおられます。また、現在高校生で成長期のため身長もどんどん伸びているのだとか…今回は張本智和選手の伸び続ける身長と、高校進学した経緯について調べていきます。

張本智和の高校進学や大学は?

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/

小学生のころから秀才だったようで、小学生時代の学力テストで全国一位を取るほど学業にも真剣に取り組まれています。2歳から始めた卓球、小学生時代からは学業との両立で高校生の今でも忙しい毎日が想像できます。

日本卓球界でエースとして活躍している今でも、文武両道の精神を忘れず学業もしっかりとこなしています。2019年3月には中学校を卒業し、同年4月高校進学をされています。

小学生から秀才だった張本智和選手ですが、高校卒業後は大学に進学されるのでしょうか?張本智和選手がどのような進路に進まれていくのか、これからの張本智和選手が気になりますね。

張本智和が高校を選んだ理由は?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

中学時代、オリンピック有力選手を育成する機関、JOCエリートアカデミーに所属して卓球の技術に磨きをかけていた張本智和選手。JOCエリートアカデミーに所属する選手は親元を離れ宿舎生活をし、卓球中心の生活を送ります。そのため学業の成績が低下したようです。

学業がおろそかになることを気にしていた張本智和選手は、エリートアカデミーを離れ自らの意志でより難しいカリキュラムのある「日本大学高校」への進学を決意したようです。

日大高は文武両道を校風としており、卓球と学業の両方でトップを目指す張本智和選手にとって最適な環境だと言えますね。

張本智和の高校進学後の生活に変化は?

引用:https://victorysportsnews.com

現在は充実しているようです。既に友人も出来ており、問題なく新しい環境に適応しているようですね。張本智和選手は中学時代に低下した学業の成績を反省し、自らを追い込むためにあえて
勉強の難しい日本大学高校を選びました。

15歳の時点でそこまで追い込める意識の高さと精神力が凄いと思います。大半の人が勉強したくないと思っているのに、張本智和選手の意識の高さは素晴らしいです。どうやったらそういった意識が生まれるのでしょうか。

調べるとお母さんが教育熱心なようでした。張本智和選手が小学生の時から、勉強や宿題をすることを徹底させており、張本智和選手は英会話教室や学習塾にも通っていたそうです。

お母さんとしては張本智和選手を東京大学に進めさせるのが願いのようです。どこまで本気か分かりませんが、かなり熱心に勉強の重要性を説いている様子を見ると、学歴や教育をかなり大事にされている印象です。

張本智和選手も勉強は好きな様子で、小学生から歴史の本を読むのが好きだったようです。実際成績も相当優秀で、小学校のテストでは学年トップ3位を常にキープし、学習塾の模試でも宮城県内30位以内に入るなど、素晴らしい成果を挙げています。

中学時代から入った「JOCエリートアカデミー」では海外遠征もあって、日々の練習や試合でなかなか勉強にまで手が回らないと言うのが、正直なところだったと思います。ですが言い訳をしない張本智和選手の姿は、カッコいいですね。

張本智和は日本国籍を取得していた?

引用:https://spread-sports.jp/

実は張本智和選手のご両親は中国人だったようです。ご両親は1998年にご結婚され、仙台ジュニアクラブのコーチとして来日したようです。お父様は男子ジュニア日本代表コーチを務め、お母様も中国で世界選手権の代表に選出されるほどの実力者だったようです。

いずれは中国に帰り、プロチームのコーチになりたいという夢があったようですが張本智和選手が生まれたことによりその夢も変化していったようです。ご両親の影響で卓球を2歳で始めた張本智和選手。

「日の丸を背負い日本人選手として活躍したい」という思いから、10歳のころ自ら日本へ帰化したいと申し出ました。その際にお父様と妹の美和さんも帰化し、姓も中国名の「張」から日本名の「張本」へ変わりました。10歳で自らの将来を真剣に考えられるとは、やはり世界を目指すアスリートは違いますね。

張本智和の中国名は?

引用:https://www.chunichi.co.jp

張本智和選手の中国名は「張智和(ざん ともかず)」と言います。お母さんは帰化せず中国籍のままだそうです。国籍を変更するのは相当な覚悟や勇気が必要だったと思います。自らの意思で国籍変更したとはいえ、まだ高校生になったばかりですからね。

張本智和選手がそれだけ日本代表への熱い思いがあるのでしょうし、日本卓球界としてもこれだけの実力を持つ選手が帰化してくれたら大きいでしょう。卓球男子は長らく水谷隼選手がエースとして君臨してきました。ですが目の不調や年齢的な問題もあり、東京五輪が最後の可能性が高まっています。

張本智和選手は高校生になったばかりですが、長期的に今後の日本卓球界のエースとして、卓球界全体を牽引していく存在だと期待されています。卓球女子は石川佳純選手と伊藤美誠選手の2トップに加え、平野美字選手、早田ひな選手など勢いのある若手が多数存在しています。

卓球男子も予測不可能なプレースタイルが魅力の丹羽考希選手、全日本選手権男子シングルスで張本智和選手を破った宇田幸矢選手と素晴らしい選手が多くいます。男子と女子両方に多くの有力選手がいるので、今後が楽しみですね。

張本智和の伸び続ける身長と体重は?

引用:https://number.bunshun.jp

張本智和選手の身長と体重について調べてみました。調べてみたところ2018年 7月時点の身長体重が公開されていました。早速身長から見ていきましょう。2018年7月 張本智和選手が中学3年生時点で175cmだそうです。

中学3年生男子の平均身長は167cmとされていますので、175cmというのはかなりおおきいですよね。2017年8月時点では172cmだったようで、1年足らずで3cmの急成長を遂げています。

次に体重を見ていきましょう。同じく中学3年生時点で体重64kgです。175cmの理想体重が61~64kgとされています。一見張本智和選手は細く見えがちですが、筋肉がすごいと話題になっています。

卓球選手なので腕の筋肉と思いがちですが、張本智和選手が話題になっているのは足の筋肉です。卓球選手は低い体勢からスマッシュなどを打ち込みますので、体幹が重視されます。そのため足腰を鍛えないといけません。日頃のトレーニングが張本智和選手の理想的な体型を作り上げているのでしょう。

張本智和選手はまだ成長期ですので身長も伸びる可能性がありそうですね。身長が伸びるとよりパワーが増すそうですので、これからパワーアップしていく張本智和選手が期待できそうですね。

張本智和の東京五輪からの人生プランが凄い!

引用:https://trend–box.com/

東京オリンピックで代表選手に当確している張本智和選手。金メダル有力候補としてあげられており、東京オリンピックが非常に楽しみです。そんな中、東京オリンピック後の現役生活についてどう考えているのでしょうか?張本智和選手が描く東京五輪からの人生プランに迫っていきましょう。

あるインタビューの中で「33歳で迎える2036年のオリンピックまでは出場できると思ってやっている」と話していました。東京オリンピックを含め、全5回はオリンピックに出場したいと語っている張本智和選手。

17歳で迎える東京オリンピックに加え、あと4回経験するころには張本智和選手は34歳になっています。オリンピック出場5回というのは、卓球男子日本代表として歴代最多出場になります。

張本智和選手は、プロ野球やサッカーのJリーグのように、卓球のワールドカップもテレビで放映されるくらい、日本卓球界を令和時代に発展させたいという強い思いを持っています。

高校生でオリンピック出場を果たし、全5回のオリンピック出場を目指している張本智和選手ですが、これからどれだけの数のメダルを獲得し、どのような成績を残していくのでしょうか。16歳の怪物張本智和選手の活躍により、日本卓球界がどう変化し発展していくのか、楽しみですね。

張本智和の戦績は?

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/

令和時代で卓球界のエースとして活躍している張本智和選手ですが、数々の成績を残してこられました。高校進学前、中学卒業時点で世界ランクは3位でした。

中学生入学当初は世界ランク204位。中学1年にして世界で204番目といのも凄いですよね。それよりも中学3年間のうちに、世界ランク204位から3位にまで順位を上げたという張本智和選手の凄さがわかりますね。

中学生時代ジュニアの部全日本選手権で優勝をし、ステージを変えた一般の部でも優勝をしております。中学生ですでに日本一となり、一般の部でも自らの力を発揮するとはメンタルの強さも感じますね。

高校進学した今、世界ランク 4位をキープしています。世界ランクには20代前半の選手が多い中、張本智和選手は10代で世界ランクのトップ争いに仲間入りをしました。

日本のエース水谷選手を2017年世界卓球選手権ドイツ大会で見事に下しました。この結果に驚いた人も多いと思います。水谷選手を下したことが話題になり、張本智和選手の知名度が上がっていきました。

このほかにも数々の大会で優勝を果たしています。水谷選手に代わり、令和時代日本卓球界のエースとして活躍している張本智和選手の打ち出す記録に目が離せません。

張本智和さんの中国名や両親について詳しくはコチラ!
⇒張本智和(卓球)の中国名と読み方は?両親の国籍や日本への帰化理由を調査!

張本智和のプロフィールは?

引用:https://prtimes.jp/

ここで張本智和選手のプロフィルを紹介させていただきます。

名  前:張本 智和(はりもと ともかず)
生年月日:2003年6月27日
国  籍:中国→日本
出 身 地:宮城県仙台市
身  長:175cm
体  重:64kg

中学生でオリンピック有力選手育成機関JOCエリートアカデミーのメンバーに選出されたため上京し、都内の北区稲付中学校へ入学します。高校進学と同時にJOCエリートアカデミーを離れ日本大学高校に入学。

卓球部には入らず、競合ノジマTリーグ 木下マイスター東京に所属しています。練習は学校から近い木下グループの体育館で行っているようです。張本智和選手のご両親も中国四川省出身の卓球選手で、張本智和選手自身も2歳の時にラケットを握り数々の成績を残しています。妹の美和さんも卓球選手として活躍されています。

張本智和(卓球)の高校進学や大学は?伸び続ける身長を調査!まとめ

ここまで張本智和選手の高校進学や大学、身長など見ていきました。文武両道に優れ、今もなお成長を遂げる張本智和選手。今後の活躍に目が離せません。まずは東京オリンピックでの張本智和選手の活躍に期待をしましょう!



スポーツ
POPNEWS.info

コメント

mei