月城かなとはどこを怪我して休演した?原因と復帰はいつになるか調査!

宝塚歌劇団

宝塚歌劇団の月城かなとさんが怪我で休演!月城かなとさんはどこを怪我したのか?その原因は?月城かなとさんの怪我にともなう代役は誰?どこを怪我したのか、そしての原因は?加えて、月城かなとさんの実家が病院という噂や彼氏の存在、プロフィールについてもご紹介します。

月城かなとはどこを怪我して休演した?

引用:https://prcm.jp/

月城かなとさんといえば、宝塚歌劇団の月組3番手の人気男役スターです。その月城かなとさんが、公演中の怪我が原因で公演を休まれたとのこと。いったいどこを怪我されて、休演という運びになったのでしょうか。

第一報は、2019年5月18日(土)のことで、当時公演中だった月組公演『クルンテープ 天使の都』を部分的に休演すると発表されました。ところがその後、『クルンテープ』だけではなく、同時に公演していた『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-』も休演するということが発表され、さらに次の公演である『チェ・ゲバラ』も全日程休演すると発表されました。

『チェ・ゲバラ』の公演は8月19日までの予定となっており、この時点で3か月ほどは舞台に立てないと判断されたということになります。怪我については公式には発表されておらず。どのように怪我をされたのか、また怪我の程度はどのようなものかははっきりとはわかっていません。

公演中の怪我ということで、怪我の現場を見たというファンの方もいらっしゃるようです。一部の目撃情報では、左足にテーピングをされていたというものもあり、「足の怪我」ではないかといわれています。

月城かなとの怪我の原因と復帰はいつになる?

引用:https://www.tokyo-np.co.jp/

怪我の状態についても気になるところですが、その原因と復帰がいつになるのかということも気になります。さきほどもご紹介しましたが、怪我の原因はおろか、どこを怪我したのかということも正式には発表されていません。

最初は、部分的な休演と発表されていたものが、少しずつ休演の幅が増えていったということもあり、相当に思い怪我だったのではと嫌な予想もしてしまいます。原因については、公演中のものということはわかっていますので、公演に関して安全の確保は十分にできていたのかなどということも気になります。

また、月城かなとさんご自身の心境としては、これまでしっかりと準備してきた公演を休まなければならないということ、ファンのみなさんをがっかりさせてしまうということ、自分が休演するとなると代役の方も含めてたくさんの人に迷惑をかけることになるということなど、さまざまなことが頭を巡ったと思われます。

そんなこともあり、当初は「すぐに復帰できる」と考えたものの、実際の怪我の様子から周りの人が「十分な休養が必要」と判断され、休演の幅が増えていったとも考えられます。いずれにしても、現段階では、怪我の原因、復帰については明らかになっていません。

ファンとしては歯がゆいところではありますが、彼女が十分に休養を取り、元気に復帰してくれることを祈って待つしかないということになりそうです。

月城かなとの休演期間は?

引用:https://kageki.hankyu.co.jp

月城かなさんは怪我でどのくらいの期間を休演しているのでしょうか?先にも書きましたが、月城かなさんが休演を発表したのはいつかというと、「夢現無双-吉川英治原作「宮本武蔵」より-/クランテープ 天使の都」の東京公演のときでした。

公演期間は2019年5月3日(金)~6月9日(日)までです。最初はショーである「クランテープ 天使の都」の出演場面の振付変更が噂されていましたが、観劇してみると舞台を走り回っていたりなど、それほど心配していなかったそうです。

しかし、5月18日になるとショーを休演するようになったそうです。そして数日後に全休演となったとのことです。これが衝撃を走らせました。月城さんについて、発表された内容は以下の通りです。

「月城かなとは、公演中の怪我のためショーを休演しておりましたが、治療に専念するため、芝居、ショーともに休演させていただきます。」

怪我の詳細については発表されていませんでした。しかしこれだけの芝居をこなせなくなるととても痛手ではないでしょうか?宝塚の女優は1日に3時間の芝居を2回行うのが普通ですので復帰には相当時間がかかってしまうかもしれませんね。

月城かなさんが休演をしたのは5月中旬からですので、10月4日初日の「I AM FROM AUSTRIA」までの約5ヶ月間、舞台に立てない時期があったということになります。

月城かなとの怪我は完治した?

引用:https://www.tca-pictures.net

そんな月城かなさん、怪我は完治したのでしょうか?ファンの方にとってもとても心配ですよね。噂によると完治していないのではないかという話があります。なぜかというと未だに舞台復帰の話しがでていないからです。

宝塚舞踊会は1年に1度、全ての組みではないものの、トップをはじめ娘役トップ、2番手などのスターが出演するものです。今年は月組生の出演がありますが、本来なら2番手の月城さんは出演されるはずでしたが、休演が夏の時点で発表されています。

日本舞踊は足首をよく使いますので、大事をとっても休演と考えられますが、舞踊の動きが怪我に支障をきたすための配慮と考えられます。怪我が完治していれば、出演していたであろう公演の休演ですので、やはり怪我の状況は完治したとは言えないのかもしれません。

「I AM AUSTRIA」はお芝居の1本ものですので、ショーのように激しいダンスシーンがないことが不幸中の幸いでしょう。結局、5月の休演から約4カ月のお休みの期間を経ての復活となりました。
心待ちにしていたファンからは、歓喜の声が上がりました。

復帰に関して、慎重になっておられたのは、月城かなさんが将来有望であることが関係しているようです。月城かなさんといえば、月組の次期トップスターの最有力人物です。人気はもちろん、その実力も申し分のないタカラジェンヌです。おそらく、このまま月組トップスターになられることは間違いないと思われます。怪我を中途半端に治すよりも、しっかりと時間をかけて完治させるという選択肢を取られたものと思われます。

2020年2月には、御園座での『赤と黒』でフーケ、コラゾフ公爵役をつとめられています。宝塚歌劇団の公式ホームページによる今後の出演予定を見てみましょう。

今後の出演予定は?

『APAN TRADITIONAL REVUE『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』ミュージカル『ピガール狂騒曲』~シェイクスピア原作「十二夜」より~とあります。『WELCOME TO TAKARAZUKA』の方は、歌舞伎界の重鎮、坂東玉三郎さんが初めて宝塚歌劇の監修にあたられるという、日本舞踊のレビューとなっています。

宝塚歌劇の伝統である洋楽での日本舞踊の魅力を、世界中で親しまれている名曲を使って構成されるというもので、この説明を聞いただけでも宝塚ファンは見たくなってしまうような内容になっています。ただし、日本舞踊といえば、下半身を大きく使う踊りです。特に足首に大きな負担がかかることが知られています。怪我が治ったばかりの月城かなさんにとってはつらい演目になるのではないかとも思われます。

逆に言えば、こちらの方に出演が予定されているということは、怪我の方は完全に治ったと考えてもいいのではないかとも言えるのではないかと思います。せっかく月城かなさんの怪我が治り、あの美しい姿が見られると思った矢先、今度は新型コロナウィルスのせいで公演そのものが思うように開催できないという事態になってしまいました。

月城かなさんにとっても、その活躍を楽しみにしていたファンにとっても試練のときが続きますが、事態が収束して、晴れて公演が楽しめる時がくるまで、しばらくは耐えて待ちたいと思います。もちろん、月城かなさんが今後、怪我をされることのないように、再発防止については宝塚歌劇側にもしっかりと対策をしていただきたいと思います。

月城かなとの代役は?

引用:http://tsukishiro-kanato.mato.media

月城かなとさんの休演にともなって、次の三人の方が代役をつとめられることなりました。

  • 蓮つかさ(れんつかさ)さん
  • 夢奈瑠音(ゆめなるね)さん
  • 風間柚乃(かざまゆの)さん

実際にご覧になったファンの方の感想も届いています。蓮つかささんについては、「任せておけ!というくらいの安定感がありました」「少しぎこちなさはあったものの歌詞なども自分のものにされていました」などの感想がみられました。

夢奈瑠音さんについては、「落ち着いて演じておられました」「コミカルなシーンも楽しんでやっている感じでした」などの感想がみられました。そして、風間柚乃さんについては、「代役とは思えない安定感」「新公学年とは思えない実力」という感想がみられました。

いずれの方も、しっかりと月城かなとさんの代役をつとめていらっしゃるということのようです。さすが宝塚歌劇団のチームワークとプロ意識の高さですね。ファンのみなさんも、事態が事態だけに、月城かなとさんの休演と一生懸命がんばっておられる代役の方を受け入れて公演を楽しんでおられるようです。

チケット優待サービスが超優良!チケット購入に最高のクレジットカード!
⇒エポスカードはコチラから!

月城かなとのの実家は医者だった?

引用:https://toretame.jp

さて、月城かなとさんのご実家がお医者様ということなのですが、実際はどうなのでしょうか。ネットを見てみると、「月城かなと 実家 医者」というキーワードでよく検索されていることがわかります。

ただ、本名の「牛田」という名前の病院やそのほか、月城かなとさんと結びつくような病院を発見することはできません。ということで、月城かなとさんのご実家が病院というのはあくまでうわさということになるのではと思われます。

ただ、月城かなとさんのブログでは、ご自身がご両親について語っている部分があり、「私の母は料理が得意で、父はおいしいコーヒーを淹れてくれます」「東京公演は実家に帰ることができ父の淹れたコーヒー飲み放題なところが大好きです」といっておられます。

とても仲のよい感じが伝わってくるコメントですね。お父さんのご職業についてはともかく、「コーヒーをつくるのがお得意ないいお父さん」というのは間違いないようです。

月城かなとさんの実家が医者なのか詳しくはコチラから!
⇒月城かなとの実家が医者って本当?年齢や本名もチェック!

月城かなとに彼氏はいる?

引用:https://zucazuca.com/

月城かなとさん、男役といえども、年頃の女性です。彼氏の存在が気になるところです。彼氏の存在について、これまで大きく報道されたりしたことはありません。宝塚の男役のスターということで、仮に彼氏がいたとしてもそう簡単には発表されないと思います。

女友達だとは思いますが、過去に道端アンジェリカさんが、ご自身のインスタグラムに月城かなとさんとの2ショット写真を公開しただけで、炎上騒ぎとなり、写真が削除されたということがありました。

宝塚ファンといえば、これくらいセンシティブなところがあります。ということで、現在は特定の恋人はいないと思われます。また、素敵な恋人ができれば、変な形で広まってしまう前にきちんと報告されるのではと思われます。月城さんの恋愛事情については、静かに見守っていくのがいいと思います。

月城かなとの経歴は?

引用:https://www.pinterest.com/

月城かなとさんが、宝塚に入ろうと思ったきっかけは、元雪組トップスターの朝海ひかるさんの公演『Romance de Paris』を観たことでした。ご両親を説得し、「一回だけなら応援するけれど、ダメだったらあきらめなさい」といわれ、宝塚音楽学校を受験、約束通り一発で合格を果たしました。

2009年に宝塚歌劇団95期生として入団。
宙組の公演『薔薇に降る雨/Amour それは…』で初舞台。その後、雪組に配属となります。
2013年の公演『Shall we ダンス?』で初主演。
2015年の『銀二貫』でバウホール公演の初主演をつとめています。
2017年の2月に、月組へと組替え
2018年には、月組の3番手として『THE LAST PARTY』に東上公演に初出演しています。

また、その後、「この役を演じた男役の多くが後にトップに就く」という『エリザベート -愛と死の輪舞-』の暗殺者・ルキーニ役に抜擢されます。ご自身の努力の結果、順調に進んできたかのように思える、月城かなとさんの宝塚人生。

今回の怪我も克服されて、また私たちの前に元気で「男前な姿」を見せてくれる日が待ち遠しいですね。

月城かなとのプロフィールは?

引用:https://www.asahi.com

ここで、月城かなとさんのプロフィールを改めて確認しておきましょう。

名前:月城 かなと(つきしろ)
本名:牛田 玲子(うしだ れいこ)
誕生日:12月31日
身長:172cm
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市
出身校:田園調布学園高等部
宝塚歌劇団入団:2009年

年齢については公開されていませんが、宝塚音楽学校に入るには年齢制限があります。入学資格は、中学卒業後すぐか、高校在学中、また高校卒業後となっています。

月城かなとさんの場合、高校に在学されていましたので、在学中か卒業後に音楽学校に入られたものと思われます。となると、月城かなとさんの生年は1988年から1990年と推定されます。ですので、年齢は30歳から28歳くらいということになります。

月城かなとはどこを怪我して休演した?原因と復帰はいつになるか調査!まとめ

公演中の怪我が原因で、しばらくの休養を余儀なくされた月城かなとさん。足の怪我ではないかといわれていますが、その怪我の原因や復帰時期については明らかにされていません。代役をつとめた方は、いずれも評判で、立派にその穴を埋めていらっしゃいます。

「ご実家がお医者さん」というのは、どうやらうわさの域を出ないお話のようです。また、現在は特定の彼氏もいらっしゃらないものと思われます。これまで数々の作品で名演技を見せてくれている月城かなとさん。今回の怪我も見事に克服して、また我々の前に復活してくれるものと思います。



宝塚歌劇団
POPNEWS.info

コメント