ピーターラビット2(映画)のあらすじは?キャストや日本語吹き替え声優を調査!

映画・ドラマ・テレビ

映画「ピーターラビット2/バーナバスの誘惑」が公開されます。前作は世界中で大ヒットしました。今回の映画のあらすじやキャストが気になりますね。今回は「ピーターラビット2/バーナバスの誘惑」のあらすじやキャスト、ストーリーなど詳しく調べていきます。かわいいピーター達にまた会えるのを楽しみにしているかたも多いですよね。

ピーターラビット2(映画)の前回のおさらい

引用:https://www.smt-cinema.com/campaign/peterrabbit/

前作「ピーターラビット」は、2018年にハリウッドで実写映画化され、全世界で大ヒットしました。今回は前作の続編ということになります。前回のストーリーをおさらいしてみましょう。

舞台は自然が美しいことで知られるイギリスの湖水地方。青いジャケット姿がトレードマークのうさぎのピーターと、三姉妹の妹フロプシー、モプシー、カトンテール、さらにいとこのベンジャミンは大きな木の根元で暮らしています。

かわいいうさぎたちですが、実はいたずらが大好き。ピーターは、お父さんが農夫のマクレガーおじさんにうさぎパイにされてしまったという悲しい過去を背負っています。

しかし、心優しい絵描きのビアという友達がピーターたちは大好きです。そこで、みんなで楽しく暮らしていました。ある日、マクレガーおじさんの畑に侵入し、野菜をいただきにきたピーター。ところがマクレガーおじさんに見つかり、捕まってしまいます。

しかし、マクレガーおじさんは心臓発作で亡くなってしまいました。マクレガーおじさんの甥、トーマスはロンドンのおもちゃ売り場で働いていました。訃報を受けましたが、あまり接点がなくしばらくそのままにしていました。

しかし、仕事がうまくいかず、真面目で神経質なトーマスは、ついに職場で暴れてしまいます。長期休暇を命じられたトーマス。亡くなったマクレガーが土地と豪邸を残していることを知り、遺品整理に向かいます。

そのころピーターが、他の動物たちを招き入れ、マクレガーおじさんの家や庭を好き放題していました。家に到着したトーマスは、ぐちゃぐちゃの畑と家の中のたくさんの動物たちを見てパニック。トーマスは動物嫌いの潔癖症だったのです。

しかし、隣の美しい隣人ビアに、動物と仲良く暮らすことを勧められます。ビアに惹かれるトーマスは、動物嫌いであることを隠し、ひそかに動物たちを駆除しようと決めるのです。その日から、ピーターたちとトーマスの激しい攻防戦が繰り広げられます。

その一方で、トーマスとビアの距離はどんどん縮まっていきます。ピーターはビアを取られたような気がしてイライラ。ある日、ビアのアトリエでトーマスとピーターは格闘し、ビアの絵を汚してしまいます。ビアは怒ってピーターを追い出してしまいます。

ビアに嫌われてしまったこと、トーマスにビアをとられてしまったショックから、トーマスへの怒りがおさまらないピーター。ピーターのいたずらはエスカレートし、命の危機を感じたトーマス。ついにピーターたちの巣にダイナマイトを仕掛けます。

ビアが登場したところで、ピーターは面白がってダイナマイトのスイッチを押してしまいます。すると、ピーターたちの巣の木が倒れ、ビアの家を壊してしまいました。

ピーターたちのせいにするトーマスに、ビアは「もう顔も見たくない」と言い放ちました。マクレガーおじさんの家は売りに出され、トーマスはロンドンの職場で復職。ビアも引っ越すことになりました。責任を感じたピーターは、ロンドンのトーマスの職場に向かいました。

最初はパニックを起こしたトーマスでしたが、ピーターの気持ちが通じます。ビアを説得するために、湖水地方に向かいます。ビアは、トーマスとピーターの謝罪を受け入れます。

そして、豪邸を購入した夫婦に販売取り消しを求めましたが、夫婦はなかなか聞き入れません。そんな夫婦を動物たちが一斉に追い出してしまいます。トーマスは村でおもちゃ屋さんを開き、ビアはピーター達をモデルにした絵を描きながら、みんなで幸せに暮らしました。

というストーリーでした。映画を観たというかたは思い出しましたか。ピーターラビットといえば、絵本のかわいらしいうさぎを思い浮かべるかたも多いと思いますが、実写映画版のピーターたちはかなりワイルドでいたずらが大好きなうさぎたちです。

そのギャップが好評で、”いい意味で裏切られた”と世界中で大ヒットしました。

ピーターラビット2(映画)のあらすじは?

引用:http://artconsultant.yokohama/peterrabbit2sequel/

「ピーターラビット2/バーナバスの誘惑」のあらすじです。前作の騒動から数年。トーマスとビアは結婚し、ピーターたちと幸せに暮らしていました。ピーターはあいかわらずのいたずら好きで、いつもトーマスに叱られてばかりです。

しかし、ピーターたちは相変わらず負けじと反撃しています。ある日、トーマスに叱られてばかりの毎日に嫌気がさしたピーターは、生まれ育った湖水地方を飛び出してしまいます。たどり着いたのは、知り合いもいない、食べ物もない都会。そこでピーターにある出会いが。

亡き父親の親友だと名乗るバーナバスです。地下組織を率いるバーナバスは、ピーターにはワルの才能があるといい、盗みのスキルをピーターに教えます。バーナバスに自分のお父さんの面影を重ねたピーター。

バーナバスに認められたくて、必死にワルを働きます。すっかり変わってしまったピーターに仲間は心配します。ある日ピーターは妹や仲間を巻き込み、くだもの市場を襲撃します。

ピーターはこのままワルの道へ進んでしまうのでしょうか。また、バーナバスとは何者なのでしょうか。今作は前作以上にピーターたちが大いに暴れまわる作品になりそうです。パワーアップした、うさぎと人間の攻防戦が楽しみですね。

ピーターラビット2(映画)のキャストは?

引用:https://otajo.jp/72311

キャストは、前作と同じキャストが続投される模様です。ピーター役ジェームズ・コーデントーマス役ドーナル・グリーンソンビア役ローズ・バーンは前回と同じで続投です。

3姉妹(フロプシー、モプシー、カトンテール)の声のみで出演しているのは、マーゴット・ロビー、デイジー・リドリー、エリザベス・デビッキは、声のみの出演がもったいないほどの今大人気の女優さんですが、この3人も続投だと思われます。

前作からそれほど時間も経ってないので、続投のキャストが多いようです。

ピーターラビット2(映画)の日本語吹き替え声優は?

引用:https://www.fashion-press.net/news/40650

先日、日本語吹替版声優発表会見が開かれました。日本語吹き替え版のピーターの声を担当するのは、前作に引き続き千葉雄大さんが担当します。

その他の吹き替え声優は公式ホームページにもまだ情報が載っていませんでした。前作からまだ2年しか経っていないので、おそらく日本語吹き替え声優は続投されるのではないでしょうか。

そして今作で新キャラクターとして登場する、うさぎのバーナバス。日本語吹き替え声優は、哀川翔さんが担当することになりました。先日、千葉雄大さんと一緒に日本語吹替版声優発表会見にも出演しています。

哀川翔さん、芸能生活30年以上のベテランですが、声優に挑戦するのは今作が初めてのようです。哀川翔さんが演じる、うさぎのバーナバスはどのような感じなのか、そしてピーター役の千葉雄大さんの吹き替えも楽しみですね。

ピーターラビット2(映画)の公開日はいつ?

引用:https://www.fashion-press.net/news/40650

「ピーターラビット2/バーナバスの誘惑」2020年5月22日に全国公開されます。全米公開は一足早めの2020年4月3日のようです。前作の日本公開が2018年5月18日だったので、ちょうど2年ぶりに帰ってきました。

実写版ですが、お子さんでも楽しめる作品になっているのではないでしょうか。是非ご家族でみにいってみてください。前作同様、今作も大ヒットの予感がします。

ピーターラビット2(映画)の原作と作品情報は?

引用:https://www.amazon.co.jp/ピーターラビットのおはなし-ピーターラビットの絵本-1-ビアトリクス・ポター/dp/4834018555

「ピーターラビット」は、イギリスの絵本作家ビアトリクス・ポターさんの絵本「ピーターラビットのおはなし」が原作です。絵本ももちろんですが、かわいらしいイラストから、コラボグッズの方を目にすることも多いのではないでしょうか。

温かみのあるかわいい絵柄の絵本ですが、ピーターのお母さんは「お父さんはうさぎパイにされて食べられた。だからマクレガーおじさんの畑に行ってはいけない」という悲しい話を、子うさぎたちに言い聞かせます。

しかし、いたずら好きのピーターは、お母さんの言いつけを破ってしまいます。ピーターはこっそりマクレガーおじさんの畑に侵入し、大切に育てていた野菜をつまみ食いします。しかし、マクレガーおじさんに見つかって追い回されますが、なんとか脱出するというお話です。

ウィル・グラック監督は、幼い頃から絵本「ピーターラビットのおはなし」が大好きだったようで、今は自分の子どもにも読み聞かせているようです。映画化の話があり、原作へのリスペクトは残しつつ、ピーターたちに新しい冒険をさせたいと考えたウィル・グラック監督。

そこで完成した、映画「ピーターラビット」は、ピーターが成長した姿で始まります。まるで「ピーターラビットのおはなし」のその後という感じですね。成長とともにピーターのいたずら好きもパワーアップしているように見えます。

心優しい画家のビアは、原作には登場しません。おそらく、原作者のビアトリクス・ポターさんをモデルにしているのではないでしょうか。ウィル・グラック監督の原作に対するリスペクト、そして愛情を感じますね。

撮影も、実際の湖水地方で行われました。なんと、ビアトリクス・ポターさんが絵を描いていたコテージのすぐ近くだったようです。庭や風景も原作を参考にし、デザインしたようです。

「ピーターラビット2/バーナバスの誘惑」は、絵本のストーリーではなく、完全なオリジナルストーリーです。バーナバスという新キャラクターと、ピーターの新しい冒険。原作を愛するウィル・グラック監督はピーターたちにどのような冒険をさせるのでしょうか。楽しみですね。

ピーターラビット2の前売り券や公開日についてはコチラ!
⇒ピーターラビット2(映画)前売り券の発売日は?公開日はいつか確認!

ピーターラビット2(映画)の見どころは?

引用:https://eiga.com/news/20200213/4/

「ピーターラビット/バーナバスの誘惑」の見どころを紹介します。

前作「ピーターラビット」同様、トーマスに叱られながらも負けじと反撃をする、うさぎたちのはちゃめちゃさ、かわいらしさが見どころです。しかも今作では、湖水地方を飛び出して、さらにピーターたちが大暴れします。今作は前作よりパワーアップした、人間とうさぎの攻防戦になりそうです。

ピーターの三つ子の妹たちも、動きがかわいいので注目してみてください。三つ子の声優はマーゴット・ロビー、デイジー・リドリー、エリザベス・デビッキと、主演級の大人気女優が担当します。

かなり豪華なキャスティングです。あえて、吹き替えなしでみてみても楽しめそうですね。日本語吹き替え版の声優はまだ発表されていませんが、おそらく清水理沙さん、木下紗華さん、下田レイさんが続投すると考えられます。

ピーターたちはCGアニメーションで再現されています。ウィル・グラック監督がオーストラリアのVFX会社に依頼し完成した、世界最高のアニメーションで再現されています。予告動画でも分かりますが、かなりリアルでまるで本物の動物のようなアニメ―ションに仕上がっています。

動きもウィル・グラック監督のアイデアが取り入れられているようです。はちゃめちゃでかわいらしい、そして人間のような表情をするうさぎがみられるのも、アニメーションならではですね。

前作同様、日本語吹き替え声優は、ピーター役を千葉雄大さんが担当します。前作でも好評だったというピーター役。千葉雄大さんは、「役者人生1番のハマり役だった」と続投を喜んでいます。

今作の新キャラクターとなるバーナバスの吹き替え声優は哀川翔さんが担当します。今回が声優初挑戦という哀川翔さんの声優としての演技も注目です。

ピーターラビット2(映画)のあらすじは?キャストや日本語吹き替え声優を調査!まとめ

「ピーターラビット2/バーナバスの誘惑」は、トーマスとビアが結婚し、うさぎたちとも幸せに暮らしているところから始まります。あいかわずいたずら好きで叱られてばかりのピーターは、湖水地方を飛び出してしまいます。そこで出会ったバーナバスと一緒にワルを働くというストーリーです。日本語吹き替え声優は、ピーター役に千葉雄大さん、バーナバス役に哀川翔さんが担当します。

前作は世界中で大ヒットでしたが、今作も大ヒットの予感がします。公開が楽しみですね。



映画・ドラマ・テレビ
POPNEWS.info

コメント