鈴木愛のパター練習法とコツは?ゴルフスイングを徹底解説!

スポーツ

2017年に賞金王に輝いた鈴木愛さん。そのパターの精度には定評があります。鈴木愛さんのオススメのパター練習法とはどんなものなのでしょうか。また、鈴木愛さんのゴルフスイングが独特ということでも知られています。鈴木愛さんのゴルフスイングの分析から、実践的なパター練習法まで、彼女のゴルフ技術から、アマチュアでもすぐに実践できることを調べてみました。

鈴木愛のパターグリップは?

引用:https://www.regina-web.jp

鈴木愛さんといえば、2017年に見事、賞金女王に輝いた注目の女子プロゴルファーです。そんな彼女のゴルフスタイルを参考にすれば、きっとゴルフの腕前が上がるかもということで、彼女のいろいろについて見ていくことにしましょう。

まず、彼女のプレーを見ていると、パターが重要であることがよくわかります。大事なところで確実にパットをものに実力が鈴木愛さんには備わっているといえます。鈴木愛さんののパターの握り方は「逆オーバーラッピング」と呼ばれるグリップです。

普通のオーバーラッピングは、右手の小指で左手をおさえるという握り方ですが、逆オーバーラッピングは、左手の人差し指で右手をおさえるという握り方です。この握り方だと、右手の動きを抑えられて、両手に一体感が得られてショットが安定するという利点があるそうです。動きにブレがあるとお悩みの方は、この握り方を実践されててはいかがでしょうか。

鈴木愛のパター練習法とコツは?

引用:https://sakimamablog.com/

鈴木愛さんのパターの練習法のポイントは次の4つです。

①ボールの回転を見届ける

まずは、「ボールの回転を見届ける」ということ。インパクトの後も、頭を動かさず、ボールの回転を見届けるように練習するのがいいそうです。このやり方でボールが正回転するまで繰り返し練習します。

②カップの奥の壁にボールを当てることを意識

次のポイントは「カップの奥の壁にボールを当てることを意識する」ということ。練習時は強めに打つのがいいそうで、距離の長いパットでもしっかり壁に当てることを意識するのがいいそうです。

③背中の筋肉でストローク

そして次のポイントは「背中の筋肉でストロークすること」を意識します。肩甲骨を中心に背中全体で打つというイメージでパッとします。下半身は固定して幹がブレないようにするのがいいそうです。

④グリップを変えてみる

そして、最後のポイントは「時にはグリップを変えてみる」こと。調子が悪いなと思ったら、思い切って握り方を変えてみるんだそうです。インに引く傾向が出てきたら手を逆にしてクロスハンドに変えてみると、まっすぐに引ける感覚が戻ってくるといいます。

以上のことを意識して練習をしてみてください。上達が早くなるのではと思います。

鈴木愛のフォロースルーの練習方法は?

引用:https://www.nikkan-gendai.com

鈴木愛さんによると、パッティングにおいて、テイクバックは気にしなくていいとのことです。テイクバックが気になって仕方がないという方には心強い言葉ですね。もちろん、鈴木愛さんにご自身はテイクバックもしっかりに気をつけておられるものと思われますが、アマチュアの場合はそこまで気にしなくてよいとのことです。

また、フェイス面の開閉もそれほど気にする必要はないとのこと。気にしなければならないのは、「フォロースルーの出ていく方向」だとおっしゃいます。「テイクバックは気にせず、フォロースルーの方向を一定にする」ということを念頭に置いて練習されるのがよさそうです。

では、「フォロースルーの方向を一定にする」にはどのような練習方法が効果的なのでしょうか。まずは、ボールにパターのフェイス面にぴたっとつけ、押し出すようにしてボールを転がしてみます。そのとき、「この方向であれば、まっすぐに転がすことができる」と感じた方向が、自分のフォロースルーの方向なのだそうです。

この感覚をつかんだら、それが常に再現できるように繰り返し練習します。大事なのは、体の中心を意識して、それを軸にしてパットすることを意識します。鈴木愛さんは、このときの感覚を「お腹に力を入れること」と表現されています。感覚をつかむことが大事なので、自分の体の癖をつかんで、常にパットが再現できるようにしていくことを意識してみましょう。

鈴木愛のゴルフスイングが凄い?

引用:http://column.sp.golf.findfriends.jp/

鈴木愛さんのドライバースイングですが、かなり特徴的といわれています。バックスイングで、体重が大きく右へ移動しており、頭の位置もアドレスのときから右へ移動していることがわかります。

ただし、さすが体の軸はしっかりとしていますし、前傾の角度もキープされているので、しっかりと飛距離も出ています。左右の体重移動を上手に使ってボールに力を伝えるというスタイルです。バックスイングで右に体重移動がうまくいかないという方は、鈴木愛さんのスタイルを真似してみるのもいいかもしれまん。

鈴木愛のスイングは変則的なの?

引用:https://gridge.info

加えて、鈴木愛さんのアイアンショットの精度の高さも評判になっています。鈴木愛さんの2018年のパーオン率は、70パーセント。ランキング17位です。決して低くない順位ですが、パーセーブ率は89パーセントでランキング2位ということなので、パーオン率がもう少し高ければもっと成績が上がるのではと思ってしまいます。

ただ、彼女はアイアンショットでピンを狙うというタイプなので、パーオン率はそれほど気にしなくてもいいのかも、とも思います。

鈴木愛が愛用しているパターは?

引用:http://www.alba.co.jp

鈴木愛さんの愛用のパターは「VAULT(ヴォルト)シリーズのアンサー2」「ヴォルト2.0のプロトタイプ」と呼ばれるパターとのこと。以前使用されていたピン型タイプのものではなく、マレット型のパターであるとのこと。

最近はやりのセンターシャフトと呼ばれ、シャフトの延長線上に重心があるタイプだといいます。アマチュアでもとても打ちやすいと評判だそうです。パターに悩みをお持ちの方は試されてみてはいかがでしょうか。

鈴木愛のプロフィールは?

引用:https://www.pargolf.co.jp/

名前:鈴木 愛(すずき あい)
生年月日:1994年5月9日
年齢:25歳
出身地:徳島県三好郡東みよし町(旧三加茂町)
身長:155cm
体重:55kg

宮里藍さんの活躍を見て、自分もやってみたいと小学5年生からゴルフを習い始め、中学3年生のときに四国女子アマ選手権で優勝されています。高校は、ゴルフ部が創設されたばかりだった鳥取県の倉吉北高等学校に進学。ご家族もこれに合わせて引っ越しをされているという力の入れ方だったようです。

プロテストは一発合格。プロ2年目の2014年に、日本女子プロゴルフ選手権大会で優勝。宮里藍さんが2006年に打ち立てた、この大会での史上最年少優勝記録を塗り替えることになりました。プロゴルファーとして順調な滑り出しといえるでしょう。

鈴木愛さんの体重が意外でした!詳しくはコチラから!
⇒鈴木愛(ゴルフ)の身長体重は?ふてくされ事件や性格を調査!

鈴木愛のパター練習法とコツは?ゴルフスイングを徹底解説!まとめ

賞金王にも輝いている鈴木愛さん。パターの握り方は「逆オーバーラッピング」。体のブレをおさえることのできる握り方です。パターの練習法は「ボールの回転を見届ける」「カップの奥の壁にボールを当てることを意識する」「背中の筋肉でストロークすること」を意識するとよさそうです。

また、「フォロースルーの出ていく方向」を意識することも大事とのこと。鈴木愛さんのスイングは、特徴的なことで知られます。ただ、体のブレを抑えたスイングで、もし、そのことで悩んでいる方は、一度、彼女の真似をして練習するのもいいかもしれません。鈴木愛さん自身は、宮里藍さんにあこがれてゴルフを習い始めたとのこと。中学生のころから頭角を現していらっしゃいます。現在25歳。今後の活躍が期待されるアスリートのうちのお一人です。

コメント