春風亭昇太の結婚式は超豪華?嫁の年齢や馴れ初めをチェック!

男性タレント・モデル・俳優

落語家・春風亭昇太さんの結婚式が超豪華だったと話題です。また、春風亭昇太さんのお嫁さんの年齢はおいくつなのでしょうか。春風亭昇太さんの結婚式の様子やお二人の馴れ初め、プロポーズの言葉についても気になります。また、春風亭昇太さんのお嫁さんの年齢や職業についても調べてみました。

春風亭昇太の結婚式は超豪華?

引用:https://thetv.jp

春風亭昇太さんといえば、人気落語家でお茶の間では『笑点』の司会者としてすっかりおなじみになりました。そんな春風亭昇太さん。「笑点」でも、「なかなか結婚できない」といじられていらっしゃいましたが、このたび、晴れてご結婚ということになりました。

お相手は、「一般の方」とされていましたが、実は元タカラジェンヌの娘役をされていた方です。春風亭昇太さんの結婚式は2019年10月19日に、東京の帝国ホテルで行われました。土曜日ということで、芸能関係者にとっては忙しい日の開催でしたが、落語家や芸能人を中心に400人あまりの方が出席。たいへん豪華な結婚式となりました。

帝国ホテルといえば、130年以上の歴史を誇る老舗ホテルですよね。藤原紀香さんと愛之助さんの結婚式もこの帝国ホテルで行われました。披露宴は3時間以上にわたって行われたそうで、司会は林家たい平さん、新郎側の挨拶は三遊亭小遊三さん、新婦側の挨拶は笑福亭鶴瓶さんがつとめられました。

また、奥様の宝塚歌劇団時代の仲間が「すみれの花咲く頃」を披露されたりしてたいへん盛り上がったとのこと。落語家と元タカラジェンヌの結婚披露宴ということで、たいへんに華やかなものになったようです。

春風亭昇太の嫁の年齢や顔画像は?

引用:https://seitaros.com/

春風亭昇太さんによると奥さんは一般の方ということ。ただし、現在は一般の方ですが、元タカラジェンヌなんだそうです。お名前は、下薗利依さんです。普段は和服もよく着られているということで、和風の凛とした感じの美人です。東京都世田谷区の出身ということで、日本舞踊がお得意とのこと。

また、ご実家は総資産50億円は下らないという資産家のお嬢様だとのこと。ご自身も、ドッグサロンの専務取締役を務めるほどのキャリアウーマンなんです。かつて、テレビ東京の番組『ソロモン流』で取り上げられ、出演されたこともあります。

宝塚では雪組に所属、当時は、宝珠小夏(ほうじゅ みなつ)というお名前で活動されていました。2001年には宝塚を対談し、先ほどご紹介したドッグサロン「ヴェロニカ」をオープンさせていらっしゃいます。

伯父にあたる吉澤英夫さんが、ペット業界では相当に名の知れた方ということで、伯父さんに師事してペット業界に入られたということのようです。生年月日は1978年8月28日ということで、現在41歳。春風亭昇太さんは59歳ですから、年齢差は18歳ということになります。

春風亭昇太の馴れ初めは?

引用:https://seitaros.com/s

落語家の春風亭昇太さんと元タカラジェンヌでキャリアウーマンの奥様とでは接点がないようにも思いますが、お二人の馴れ初めはどんなものだったのでしょうか。春風亭昇太さんによると、「知人の紹介」だったとのこと。

お知り合いになったのは、14年ほど前のことだそうで、共通の知人が開催された食事会で連絡先を交換されたそうです。しばらく連絡を取り合うことはなかったものの、その約3年後に奥様が春風亭昇太さんの高座をご覧になったことで再会しました。

年に3、4回食事に行くという関係になったそうですが、結婚を意識するようになったのは今年に入ってからだそうです。ちなみに、奥様が現在妊娠中かどうかについてははっきりとはおっしゃっていません。

春風亭昇太のプロポーズの言葉は?

引用:https://www.buzzfeed.com

気になるのは、プロポーズの言葉ですが、春風亭昇太さんによると、プロポーズらしいプロポーズの言葉はなかったようです。「はっきり言っていなくて『しますか』」くらいだったそうです。あとになって、「こんな私ですがよろしく」という言葉があったということを公表されています。

女性としては、せっかくであれば、男らしくびしっとプロポーズの言葉がほしいという方も多いかもしれませんが、春風亭昇太さんは、「黙って俺についてこい」というタイプではないようですね。奥様にしてみれば、そんな草食系のやさしいところにひかれたのかもしれません。

春風亭昇太の嫁の職業が凄い?

引用:https://thetv.jp

すでにご紹介しているとおり、奥様はかつて宝塚歌劇団の雪組で「宝珠小夏」の名前で活動されていた元タカラジェンヌです。宝塚歌劇団第83期生で、娘役でした。東京都世田谷区の出身で、東京女学館を出ておられます。身長は160cmの和風美人です。

1997年に入団。2001年の6月には退団されています。退団の理由はお父さんがご病気をされたことだったそうです。退団後は、ドッグサロンの経営や、トリマーの養成学校である「青山ケンネルカレッジ」の三代目学長に就任されています。

初代の学長は創業者である彼女のお父さん、二代目はお母さんになります。年収については明らかにされていませんが、旦那様である春風亭昇太さんに負けず劣らずの収入があるのではないかと思われます。

19歳という年齢差がありますが、間違っても、「お金目的」「売名目的」で結婚されたのではないということははっきりしていますね。そんなことをしなくても、しっかり稼げるくらいのすごい職業に就いておられます。

春風亭昇太の結婚にネットの反応は?

なかなか結婚されなかった春風亭昇太さんですが、結婚が発表されてファンの方も一斉にお祝いムードとなりました。

<blockquote class=”twitter-tweet” data-lang=”ja”><p lang=”ja” dir=”ltr”>春風亭昇太さんの結婚発表おは朝で見てたんだけど<br>なんとお相手が元ジェンヌさん<br><br>誰やろうと思ったら<br>83期の宝珠小夏さんだった<br><br>83期はかなみちゃん、るいちゃん、コトコト、ともちん<br>本名の下薗莉惠さんの方が印象強いんよね…音楽学校の文化祭プログラムから眺めてたからか…<br>おめでとうございます</p>&mdash; もりこ♪ (@musikayo_tk) <a href=”https://twitter.com/musikayo_tk/status/1145526556258791424?ref_src=twsrc%5Etfw”>2019年7月1日</a></blockquote>

https://platform.twitter.com/widgets.js

<blockquote class=”twitter-tweet” data-lang=”ja”><p lang=”ja” dir=”ltr”>昇太さんのお相手って83期の宝珠小夏さんかーー雪組クラスタだったので凄い見てたわ!</p>&mdash; ゆみこ🍤 (@yumiko3516) <a href=”https://twitter.com/yumiko3516/status/1145519279581753344?ref_src=twsrc%5Etfw”>2019年7月1日</a></blockquote>

https://platform.twitter.com/widgets.js
「おめでたい」という反応と同時に、お相手が「元タカラジェンヌ」ということで、それと同じくらい「おどろいた」という声も多かったようです。

<blockquote class=”twitter-tweet” data-lang=”ja”><p lang=”ja” dir=”ltr”>春風亭昇太さんのお相手が宝塚83期の宝珠小夏さんとお聞きして、両方とも昔から存じ上げてる方がご縁があったのがとても不思議な感覚。親戚のおばちゃんみたい、私。</p>&mdash; 祐子(さちこ) (@memenezu) <a href=”https://twitter.com/memenezu/status/1145529127815897089?ref_src=twsrc%5Etfw”>2019年7月1日</a></blockquote>

https://platform.twitter.com/widgets.js

『笑点』では、いじられキャラで、まだまだお若いという印象で活躍されていますが、現在すでに59歳ということで、もうじき還暦という年齢です。よいお相手が見つかって本当によかったですね。

ネットでも、「親戚のおばちゃん・おじちゃん」のような気持ちで祝福されている方が多かったです。かつて、春風亭昇太さんのファンだという女優の吉田羊さんが、「私が50歳になっても独身だったら結婚しよう」と言われていたということ。

もちろん冗談も多分に含まれている話ですが、幸か不幸かこの「約束」は春風亭昇太さんの結婚で果たされなくなってしまいましたね。

春風亭昇太のプロフィールは?

引用:https://matome.naver.jp

名前:春風亭 昇太(しゅんぷうてい しょうた)
本名:田ノ下 雄二(たのした ゆうじ)
生年月日:1959年12月9日
年齢:59歳
出身地:静岡県静岡市清水区
血液型:O型
学歴:東海大学文学部(中退)
所属:落語芸術協会

2歳年上のお兄さんがいらっしゃいます。お兄さんは小学生のころから落語をよく聞いていたそうですが、春風亭昇太さんは落語にそれほど興味はなかったそうです。

大学在学中にたまたま落語研究会の稽古を見て、「楽しそう」とそこではじめて興味を持たれ、そのまま落語研究会に入部。学生時代にテレビ東京の『大学対抗落語選手権』に出演。見事、優勝して学生落語名人に輝きます。漫才でもテレビ番組のコンテストでチャンピオンになり、大学を中退、師匠である春風亭柳昇さんに入門されることになります。

1986年にはも二つ目に昇進、現在の芸名である「春風亭昇太」になります。
1992年には真打に昇進。7人抜きの昇進でした。
2005年には、ドラマ『タイガー&ドラゴン』に俳優として出演。出演する俳優さんに落語指導も行っておられます。
2006年からは、日本テレビの『笑点』の大喜利メンバーに加入。
2016年からは、『笑点』の6代目司会者をつとめておられます。
そして、2019年6月30日の『笑点』のエンディングでご自身の結婚について報告をされています。

結婚お相手の画像について詳しくはコチラから!
⇒春風亭昇太の結婚お相手の画像が美人すぎる?宝塚で年下という噂を調査!

春風亭昇太の結婚式は超豪華?嫁の年齢や馴れ初めをチェック!まとめ

春風亭昇太さんの奥様は、元タカラジェンヌで、現在トリマーの養成学校の学長をされている下薗利依さん。タカラジェンヌとしてのお名前は宝珠小夏さん。披露宴は出席者300人以上を招待して東京・帝国ホテルで豪華にとり行われました。お二人の出会いは14年前。共通の知人を通じての食事会がきっかけだったようです。

元タカラジェンヌという奥様は、和服も似合う和風美人。現在41歳ということで、春風亭昇太さんとは18歳差ということになります。春風亭昇太さんは還暦を目前にした結婚でしたが、この結婚を機に、今後さらに活躍されるものと思います。

コメント